インプラント

インプラントと入れ歯の違いを徹底解説!メリットやデメリットも合わせて解説!

インプラント 入れ歯

インプラントと入れ歯の違いを知っていますか? 本記事ではインプラントと入れ歯の違いについて以下の点を中心にご紹介します。

  • インプラントと入れ歯の違い
  • インプラントのメリットとデメリット
  • 入れ歯のメリットとデメリット

インプラントと入れ歯の違いについて理解するためにもご参考いただけますと幸いです。ぜひ最後までお読みください。

インプラントと入れ歯の違い

インプラントと入れ歯の違い

インプラントとはなんですか?
インプラントは、歯を失った箇所に人工の歯根を埋め込む治療法です。手術で歯茎を切開して骨にインプラントを固定し、その上に人工の歯を取り付けます。自然な外観と感覚、高い咬合力と安定性、骨の健康維持、長期的に定着することが特徴です。
入れ歯とはなんですか?
入れ歯は、歯を失った場合に代替として使用される取り外し可能な補綴物のことです。フレームと人工の歯を作成して、口腔内に適合するように調整されます。食事や口腔ケア時に取り外せ、多くの歯を失った場合にも使用されます。ただし、咬む力制限や個人差があり、歯茎に強い力がかかることもあります。
インプラントと入れ歯の違いはなんですか?
インプラントと入れ歯の違いは以下の通りです。
インプラントは手術が必要であり、上部構造根を顎の骨に埋め込みます。入れ歯は主にプラスチックでできた取り外し可能な補綴物です。
インプラントは周囲の骨と結合し、咬合力をしっかりと伝えられます。一方、入れ歯は歯茎に支えられているため、咬む力が制限される場合があります。
インプラントは自然な見た目と感覚を提供し、長期的な解決策として考えられます。入れ歯は手軽で安価ですが、取り外しや装着感に制約があります。
インプラントは骨の吸収を防ぎ、口腔の健康を維持します。一方、入れ歯は骨の吸収を防ぐ機能はありません。

部分入れ歯と総入れ歯

部分入れ歯と総入れ歯

部分入れ歯とはなんですか?
部分入れ歯は、一部の歯を失った場合に使用される取り外し可能な補綴物で、以下の特徴があります。

  • 自然な見た目と機能を回復させます。
  • 取り外し可能で清潔に保ちます。
  • 歯の形状や色合いに合わせてカスタマイズできます。

部分的な歯の欠損に対して経済的で実用的な解決策ですが、取り外し可能な性質や長期的な使用に伴う適応性の変化には留意が必要です。

総入れ歯とはなんですか?
総入れ歯は、全ての歯を失った場合に使用される取り外し可能な補綴物で、以下の特徴があります。

  • 自然な見た目と機能を回復させます。
  • 取り外し可能で清潔な状態を保ちます。
  • 修理や調整が可能で、定期的なメンテナンスが必要です。

総入れ歯は歯の完全な喪失に対する代替手段として用いられ、咀嚼機能や話し方、外見の改善に役立ちます。違和感や摩耗、噛み合わせの変化には注意が必要で、定期的なケアが重要です。

部分入れ歯と総入れ歯の違いはなんですか?
部分入れ歯は、一部の歯が欠損している場合に使用され、残存歯にフックやクラスプを取り付けて保持します。総入れ歯は、全ての歯が失われた場合に使用され、歯肉や口蓋に密着して保持されます。部分入れ歯は取り外し可能で、清潔な状態を保つために摂食や口腔ケアの際に外せます。総入れ歯も取り外し可能で、清掃や調整のために取り外せます。 部分入れ歯は周囲の歯を支えにして維持力を得ますが、総入れ歯は歯肉や口蓋によって維持されます。部分入れ歯は、一部の歯の欠損を補うために使用され、総入れ歯は全ての歯の喪失に対して使用されます。
どちらの入れ歯も、機能と美しさの回復に役立ちますが、個々の状況に応じて選択肢を検討する必要があります。

インプラントのメリットとデメリット

インプラントのメリットとデメリット

インプラントのメリットはなんですか?
インプラントのメリットは次のとおりです。
インプラントは上部構造根を顎の骨に埋め込み、固定された上部構造を取り付けるため、自然な見た目と咬合力を回復させます。
インプラントは耐久性があり、長期間使用できる可能性が高いです。正しいケアとメンテナンスをすれば、数十年にわたって持続する可能性があります。
インプラントは周囲の健康な歯を削る必要がないため、隣接する歯の健康を保護できます。
インプラントは固定された補綴物なので、入れ歯のような外れや動揺の心配が少ないです。食事や会話において自信を持てます。
インプラントのデメリットはなんですか?
インプラントのデメリットは以下の通りです。
インプラント手術は外科的な手続きであり、骨に対する手術リスクが存在します。また、インプラント治療には通常数ヶ月から数ヶ月以上の期間が必要です。
インプラント治療は高額になる場合が多いです。手術費用や上部構造の費用がかかるため、費用負担が大きい場合があります。
インプラント治療には十分な骨の量と品質が必要です。骨の不足や品質の低下がある場合、骨移植や顎の形成手術が必要になる場合があります。
一部の患者さんにはインプラント治療が適していない場合があります。医療条件や体の健康状態によっては、他の治療法が選択されることもあります。

入れ歯のメリットとデメリット

入れ歯のメリットとデメリット

入れ歯のメリットはなんですか?
入れ歯のメリットは以下の通りです。

  • 入れ歯は取り外し可能であり、歯のクリーニングやメンテナンスが容易
  • 入れ歯は費用が低い
  • 入れ歯は壊れたとしても、修理は比較的容易
  • 入れ歯は欠損した歯を再建し、咬合(噛み合わせ)の改善に役立つ
  • 入れ歯は治療期間が短く、早期に歯の機能を回復させる
入れ歯のデメリットは以下のようになります。
  • 入れ歯は歯茎に支えられているため、適切な装着感を得るのが難しい場合がある
  • 入れ歯は咬合力が制限される可能性があり、硬い食べ物や粘着性のある食品を避ける必要がある
  • 入れ歯は自然な見た目を再現するのが難しく、審美性に制約が生じる場合がある
  • 入れ歯は顎の骨や歯槽骨に対する刺激が不足するため、時間とともに顎の形態が変化し、入れ歯の適合性が低下する可能性がある

入れ歯は個別の状況に応じて選択されるべきであり、歯科医との相談が重要です。

インプラントと入れ歯で迷ったら

インプラントと入れ歯で迷ったら

インプラントが出来ないのはどんな場合ですか?
インプラント治療が適さない場合は以下のようなケースが考えられます。
骨量不足: インプラントは顎の骨に埋め込まれるため、骨量が不足している場合はインプラントを支えられません。
高齢: 年齢や全身の健康状態によって、手術のリスクが高まる場合があります。
矯正治療が必要: 歯並びや咬合の問題がある場合、まずは矯正治療が必要となり、その後にインプラント治療が行われる場合があります。
医療条件の制約: 一部の医療条件や慢性疾患がある場合、インプラント治療が制限される可能性があります。歯科医師との相談を通じて、個別の状況に応じた治療方法を選択する必要があります。
インプラントと入れ歯で迷った時の決め手を教えてください
インプラントと入れ歯の選択に迷った場合、以下のポイントを考慮しましょう。
自然さと快適さ: インプラントは自然な見た目と咬合感を提供しますが、手術や治療期間が必要です。一方、入れ歯はインプラントより早期に装着可能ですが違和感や咬合の制約があります。
骨量と顎の状態: インプラントは骨量が必要です。骨量不足や顎の状態によっては入れ歯が適している場合もあります。
経済的な観点: インプラントは費用が高くなる傾向があり、入れ歯はリーズナブルです。
個人の優先事項: 重要なのは自身の優先事項です。外見や機能、コスト、手術のリスクなどを考慮し、歯科医師との相談を通じて個人に合わせて選択しましょう。

編集部まとめ

編集部まとめ

インプラントと入れ歯の違いについてお伝えしてきました。インプラントと入れ歯の違いについての要点をまとめると以下の通りです。

  • インプラントと入れ歯は、構造や咬合力、装着感などの違いがある
  • インプラントは自然な見た目や耐久性、隣接する歯へのダメージが少ないなどのメリットがあるが、手術が必要であるため注意
  • 入れ歯は費用が低く取り外し可能であるなどのメリットがあるが、咬合力への制限や装着感が個人によって異なる場合がある

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事の監修歯科医師
遠藤 眞次医師(グランメゾンデンタルクリニック)

遠藤 眞次医師(グランメゾンデンタルクリニック)

長崎大学歯学部を卒業後、東京と群馬の歯科医院で分院長を歴任。臨床のかたわら、歯周治療やインプラント治療についての臨床教育を行う「Dentcation」の代表を務める。他にも、歯科治療のデジタル化に力を入れており、デジタルデンチャーを中心に、歯科審美学会やデジタル歯科学会等で精力的に発表を行っている。

記事をもっと見る
  • この記事の監修医師
  • 他の監修記事
遠藤 眞次医師(グランメゾンデンタルクリニック)

長崎大学歯学部を卒業後、東京と群馬の歯科医院で分院長を歴任。臨床のかたわら、歯周治療やインプラント治療についての臨床教育を行う「Dentcation」の代表を務める。他にも、歯科治療のデジタル化に力を入れており、デジタルデンチャーを中心に、歯科審美学会やデジタル歯科学会等で精力的に発表を行っている。

  1. 差し歯で前歯は治療できる?治療できないケースや他の治療方法も解説!

  2. 差し歯の寿命は意外と短い?知っておくべきポイントや寿命を延ばす方法をまとめました

  3. 差し歯の費用は高いって本当?種類や治療費をわかりやすく解説

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

電話コンシェルジュで地域の名医を紹介します。

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-022-340