インプラント

インプラント治療における医療保険適用の現状と治療費を減らすための工夫について解説!

インプラント治療における医療保険適用の現状と治療費を減らすための工夫

インプラント治療は医療保険が適用されるかどうかご存知ですか? 本記事では、以下の点を中心にインプラント治療の医療保険適用について、以下の点を中心にご紹介します!

  • インプラント治療に医療保険が適用されるかどうか
  • インプラント治療が医療保険適用の対象となる条件
  • インプラント治療費を減らすための工夫や対策

インプラント治療の医療保険について理解するためにもご参考いただけると幸いです。 ぜひ最後までお読みください。

インプラント治療の医療保険適用について

インプラント治療の医療保険適用について

インプラント治療は医療保険の適用になるのでしょうか?

インプラント治療は一般的には医療保険適用外!

インプラントは、失った歯の代わりに人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工歯を装着する治療法です。インプラントは、見た目や噛み心地が天然の歯に近く、審美性や機能性に優れています。しかし、インプラントは保険適用外であり、自己負担で治療費を支払う必要があります。

その理由として、失った歯を補うための他の治療法があるためです。インプラント以外にも、ブリッジや入れ歯という保険適用の治療法があります。これらの治療法でも、歯の機能を回復させます。保険適用の治療は、最低限の機能を目的としており、見た目や快適さは考慮されません。インプラントは、必ずしも必要な治療ではなく、患者さんの希望に応える治療とみなされるため、保険適用外となります。また、インプラント治療は、外科手術を伴う高度な技術が必要です。歯科医師は、インプラントの埋入位置や角度を正確に決めるために、CTや3Dシミュレーションなどの検査や設計を行います。また、インプラントは、金属やセラミックなどの高品質な材料を使用します。これらの技術や材料は、コストが高くなる要因となります。

インプラント治療が医療保険適用の対象となる条件

インプラント治療は、一般的には保険適用外ですが、以下の3つの条件を満たす場合に保険適用の対象となる可能性があります。

  • 症状の条件:病気や事故の外傷によって、顎の骨が広範囲に渡って欠損した場合、または、先天性疾患によって顎の骨の1/3以上が連続して欠損している場合に、インプラント治療が必要と診断された場合に限ります。
  • 施設の条件:インプラント治療を行う医療機関は、入院用のベッドが20床以上の病院であり、歯科または口腔外科であること、歯科または口腔外科で5年以上の経験がある、または3年以上のインプラント治療の経験がある常勤医師が2名以上配置されていること、当直体制や医療機器や医薬品の管理体制が整備されていることが求められます。
  • 手続きの条件:インプラント治療を受ける前には、主治医からインプラント治療が必要であるという診断書をもらい、それを保険者に提出して承認を得る必要があります。

インプラント治療は、保険適用される場合とそうでない場合があります。自身の症状や希望に合わせて、歯科医師と相談しながら治療法を選択することが大切です。

インプラント治療は生命保険の対象にはならない

インプラント治療にかかる費用を、加入している生命保険から給付金として受け取れないかと考える方もいるかもしれません。しかし、残念ながら、インプラント治療は生命保険の対象になりません。生命保険は、厚生労働大臣が定める「医科診療報酬点数表」に記載のある保険適用の治療に対して支払われます。インプラント治療は、自由診療であり、医科診療報酬点数表に記載されていません。生命保険の中には、先進医療特約というものがあります。これは、厚生労働大臣が認めた高度な医療技術を用いた療養に対し、その技術料と同額を給付金として受け取れる特約です。しかし、インプラント治療は、2012年4月以降、先進医療の対象から外れています。

生命保険の中には、入院給付金というものがあります。これは、病気や怪我で入院した場合に、一日あたりの金額を給付金として受け取れるものです。しかし、インプラント治療の場合、入院が必要なケースはほとんどありません。また、入院が必要なケースでも、先天的・後天的な疾患や理由によるインプラント治療であれば、健康保険が適用されるため、入院給付金の対象にはなりません。

インプラント治療費を減らすための工夫

インプラント治療費を減らすための工夫

高度な技術や材料が必要となることから、高額になりがちなインプラント治療ですが、治療費を減らすためにはどのような工夫ができるのでしょうか。

医療費控除を申請する

医療費控除とは、年間にかかった医療費が一定額を超えた場合、超えた分を所得から控除できる制度です。医療費控除額は、年収が200万円以上の人は一律10万円、年収200万円未満の人は総所得の5%の金額で計算します。医療費控除額の上限は200万円です。医療費控除を受けるには、確定申告が必要なので、必要書類を整えて税務署へ提出しましょう。

高額療養費制度を利用する

高額療養費制度とは、月初から月末までの1ヵ月にかかった医療費が自己負担限度額を超えた場合、加入している公的医療保険へ申請することで、超えた金額が払い戻される制度です。自己負担限度額は、年齢や所得によって異なります。高額療養費制度は保険適用の医療費が対象となるため、インプラント治療が保険適用される場合に活用できる可能性があります。

デンタルローンを利用する

デンタルローンとは、歯科治療の費用を分割払いできるローンのことです。デンタルローンを利用すると、一括で支払うよりも負担が軽くなります。デンタルローンは、歯科医院が提携している金融機関やクレジット会社から借りられます。デンタルローンを利用する際は、金利や返済期間、審査基準などを比較して、自身に合ったプランを選びましょう。

インプラント治療に関する医療保険の問題と対策

インプラント治療に関する医療保険の問題と対策

インプラント治療に関する問題点と、インプラント治療を始める前にできる対策について見ていきましょう。

インプラント治療費の高額化が引き起こす問題

インプラント治療には保険が適用されないため、患者さんにとって負担が大きく、格安の治療に頼ると死亡事故やトラブルのリスクが高まります。慎重に検討し、自身に合った治療法を選ぶことが重要です。

インプラント治療を始める前にできる対策

インプラント治療によるトラブルを回避するために、治療前にはどのような対策ができるのでしょうか。詳しくみていきましょう。

インプラント治療前に口内環境を整える

インプラント治療を受ける前には、口内環境を整えることが大切です。口内環境が悪いと、インプラントと骨の結合を妨げたり、感染症のリスクを高めたりする可能性があります。口内環境を整えるためには、虫歯や歯周病の治療、歯石の除去、ブラッシングの改善などが必要です。

インプラント歯科医院選びは慎重に

インプラント治療は、歯科医院や歯科医師によって、治療内容や費用、保証などが異なります。インプラント治療は、高度な技術と経験が必要な治療です。安易に安い歯科医院を選ぶと、治療後にトラブルが起こる可能性があるため、慎重に選びましょう。インプラント治療を受ける歯科医院を選ぶ際は、治療実績や症例、評判、設備や器具、保証制度などを確認しましょう。また、カウンセリングやセカンドオピニオンを利用して、治療内容や費用の内訳をよく理解しましょう。

編集部まとめ

編集部まとめ

ここまで、インプラント治療が医療保険適用となる条件や、治療費を減らすための工夫についてお伝えしてきました。要点をまとめると以下の通りです。

  • インプラント治療は一般的には医療保険適用外
  • 顎骨の大幅な欠損がある場合や先天的な欠損があり、さらに施設や手続きの条件を満たした場合に、インプラント治療が保険適用されることがある
  • インプラント治療費を減らすための工夫として、医療費控除やデンタルローンが活用できる可能性がある

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

電話コンシェルジュで地域の名医を紹介します。

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-022-340