インプラント

インプラントのクリーニング方法は?歯科医院でのクリーニング方法など徹底解説!

インプラントのクリーニング方法

インプラントのケアは重要ですが、適切なクリーニング方法を知っていますか? 本記事ではインプラントのクリーニング方法について以下の点を中心にご紹介します。

  • インプラントクリーニングの重要性
  • インプラントのクリーニング方法
  • インプラントのセルフケアについて

インプラントのクリーニング方法について理解するためにもご参考いただけますと幸いです。ぜひ最後までお読みください。

インプラントの特徴とメンテナンスの必要性

インプラントの特徴とメンテナンスの必要性

インプラントの構造や素材について教えてください
インプラントの構造は、インプラント体(インプラントの土台)と、上部構造(人工歯)、上部構造とインプラント体を接続するアバットメントからなります。 スクリュー状のインプラント体は、骨にしっかりと結合するために生体適合性の高いチタンが主に用いられます。 上部構造には主にセラミックが使用されます。 アバットメントは、インプラント体と上部構造とを接続する部分で、多くはセラミックや金属などが使われます。 また、インプラントには形状や目的に応じていくつかのタイプがあります。 単一歯の欠損に使用するシングルインプラントや、複数の歯の欠損に対応するマルチユニットインプラントなどがあります。 さらに、骨の量や質によって選択されるサイズやデザインの違うものも存在します。 インプラントの素材は、安全性と耐久性を考慮して慎重に選ばれます。 チタンは、生体との親和性が高いとされ、骨になじみやすいため、一般的な素材として利用されています。 また、セラミックやジルコニアなどの陶磁器材料も使われることがあります。これらの素材は、自然な見た目を実現し、咬合力や審美性を向上させる働きがあります。
インプラントの寿命はどのくらいですか?
インプラントの寿命は一般的には10年以上であり、個人差やケアの違いによって大きく異なりますが、適切なケアを行っていれば長持ちします。 ただし、インプラントの寿命には治療後の経過や体の状態、噛む力の強さなどの要因が影響を与えます。 また、歯科医院での定期的な検診やクリーニングを受けることで、インプラントの寿命を延ばすことにつながります。 喫煙や歯ぎしりなどの癖がインプラントの寿命に悪影響を及ぼすこともあります。
インプラントのリスクについて教えてください
インプラント治療には、いくつかのリスクが存在します。主なリスクとして以下の点に留意する必要があります。

    • 手術リスク

手術による感染や出血、神経や血管の損傷が起こる可能性があります。医師の技術と衛生管理が重要です。

    • 骨結合不全

インプラントが骨と十分に結合しないことで治療が不成功に終わる場合があります。

    • 感染

手術後に感染が生じるリスクがあります。術後の適切なケアと衛生管理が必要です。

    • アレルギー反応

使用される素材に対してアレルギーが生じる可能性があります。事前に自身のアレルギーや素材について確認しましょう。

    • 噛み合わせの問題

咬合のバランスが取れないことで、周囲の歯やインプラントに負担がかかる可能性があります。

    • 瑕疵や欠陥

製品の品質に問題がある場合、インプラントの損傷や故障が生じるリスクがあります。

これらのリスクを低減するためには、自身の信頼できる歯科医師のもとで治療を受けることが重要です。 また、治療前に十分な説明と評価を受け、自身の健康状態と治療計画を理解することが大切です。 適切なアフターケアと定期的な検診も、リスクを最小限に抑えるために必要な手段です。

インプラントのクリーニング方法について

インプラントのクリーニング方法について

歯科医院でのインプラントのクリーニングは何をするのですか?
歯科医院でのインプラントのクリーニングは、専用の器具を用いてインプラント周囲の歯垢や歯石を丁寧に取り除き、清掃します。通常の歯のクリーニングと同様に、歯科衛生士が行います。 インプラント周囲の清掃が重要な理由は、歯周病を予防するためです。歯周病が進行すると、インプラントだけでなく、周囲の歯にも影響を及ぼします。そのため、定期的なクリーニングで清潔を保ち、インプラントの寿命を延ばすことが大切です。
歯科医院でのクリーニング頻度を教えてください。
一般的には、インプラント治療後は3ヶ月に1回程度の頻度で歯科医院でのクリーニングを受けることが推奨されます。 治療後の初期段階は特に、感染や問題の早期発見が重要ですので、頻繁なメンテナンスが必要とされます。その後、状態により間隔を調整することもありますが、基本的には3〜6ヶ月に1回の頻度で定期的なクリーニングを受けると良いでしょう。
歯科医院でのクリーニング費用を教えてください。
歯科医院でのインプラントのクリーニングやメンテナンスの費用は、施術内容や医院によって異なります。 クリーニングの費用相場は、1回あたり数千円~1万円程度が目安とされています。 健康保険の適用がない場合も多いため、事前に医院に確認しておくと良いでしょう。
引っ越しなどで通院する病院が変わるときはどうすればいいですか?
引っ越しなどで通院する歯科医院が変わる場合、次の歯科医院に過去の治療記録やレントゲン写真を持参することが大切です。治療の経過や問題点などを共有することで、適切なケアにつながります。

インプラントのクリーニングが重要な理由について

インプラントのクリーニングが重要な理由について

インプラントのクリーニングをしないとどうなりますか?
歯科医院でのクリーニングを怠ると、インプラント周囲に歯垢や歯石が蓄積し、歯周病やインプラント炎のリスクが高まります。歯周組織が傷つき、インプラントが失敗する可能性もあります。周囲の自然歯にも悪影響が及ぶことがあるため、定期的なクリーニングが重要です。
インプラントのクリーニングに保険は適用されますか?
インプラントのクリーニングは一般的に健康保険の適用外です。歯科医院でのクリーニング費用は自己負担となる場合がほとんどです。 ただし、一部の特別なケースや条件を満たす場合に保険が適用されることもありますので、事前に歯科医院に確認しましょう。
インプラントのセルフケア方法を教えてください
セルフケアは歯科医院でのクリーニングと同様に重要です。 歯ブラシ、フロス、歯間ブラシを使用して、インプラント周囲の歯垢や食物の残りを除去することが必要です。 歯磨き粉は低研磨剤のものを選び、必要に応じてマウスウォッシュを使用すると良いでしょう。 医師の指示に従い、適切なセルフケアを行うことでインプラントの寿命を延ばし、健康な状態の維持につながります。

編集部まとめ

編集部まとめ

ここまでインプラントのクリーニング方法についてお伝えしてきました。 インプラントのクリーニング方法について、要点をまとめると以下の通りです。

    • インプラントクリーニングは口腔健康を保ち、インプラントの寿命を延ばすために必須。歯周病やインプラント歯周炎のリスクを低減し、周囲の自然歯にも影響を及ぼさないよう定期的なクリーニングが大切
    • 歯科医院でのインプラントのクリーニングは、通常の歯のクリーニングと同様、専用の器具を用いてインプラント周囲の歯垢や歯石を丁寧に取り除き、清掃する
    • インプラントのセルフケアは、歯ブラシ、フロス、歯間ブラシ、研磨剤の少ない歯磨き粉を使用し、医師の指示に従って行うこと

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事の監修歯科医師
遠藤 眞次医師(グランメゾンデンタルクリニック)

遠藤 眞次医師(グランメゾンデンタルクリニック)

長崎大学歯学部を卒業後、東京と群馬の歯科医院で分院長を歴任。臨床のかたわら、歯周治療やインプラント治療についての臨床教育を行う「Dentcation」の代表を務める。他にも、歯科治療のデジタル化に力を入れており、デジタルデンチャーを中心に、歯科審美学会やデジタル歯科学会等で精力的に発表を行っている。

記事をもっと見る
  • この記事の監修医師
  • 他の監修記事
遠藤 眞次医師(グランメゾンデンタルクリニック)

長崎大学歯学部を卒業後、東京と群馬の歯科医院で分院長を歴任。臨床のかたわら、歯周治療やインプラント治療についての臨床教育を行う「Dentcation」の代表を務める。他にも、歯科治療のデジタル化に力を入れており、デジタルデンチャーを中心に、歯科審美学会やデジタル歯科学会等で精力的に発表を行っている。

  1. すべての歯を失った場合のインプラント・総入れ歯の治療費用|治療方法の特徴についても解説

  2. インプラントした前歯は10年後どうなってる?生存率や長持ちさせる方法などを解説

  3. デンタルインプラントの材質とは?基本構造や材質が多様な理由など徹底解説!

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

電話コンシェルジュで地域の名医を紹介します。

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-022-340