インプラント

歯が欠けたけど少しなら大丈夫?治療の必要性や治療方法について解説!

歯が欠けたけど少しなら大丈夫?治療の必要性や治療方法について解説!

何かの拍子に歯が欠けてしまったという経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか? 特に前歯が欠けてしまうと見た目にもあまりよいものではなく、口元を隠すこともあるかもしれません。 歯が欠けたけど少しなら大丈夫かな? 痛みはないけど……いや、やはり歯医者へ行くべき? どうしよう、と迷うこともあると思います。

今回は、歯が少し欠けたときの治療の必要性や治療方法についてQ&A方式で解説します。

歯が少し欠けたときに治療は必要?

歯が少し欠けたときに治療は必要なのでしょうか? このままでも良いのでは? とか, すぐに歯医者に行けないから後で、と思うこともあるでしょう。

歯が少しだけ欠けました。治療する必要はありますか?
歯が少しだけ欠けた軽いものの場合、痛みなどの症状も出にくいと思います。ですが欠けてしまった歯は、思っている以上にデリケートな状態です。雑菌が入ったり炎症を起こすことも考えられるので治療が必要です。
すぐに歯医者に行けないこともあると思いますが、出来るだけ早めに歯医者に受診して治療を受けることをおすすめします。
少し欠けた歯を放置するとどうなりますか?
少し欠けた歯を放置すると、欠けてしまった部分に汚れがたまり、むし歯になりやすくなります。すぐに痛みが出ることはなくても、炎症を起こして歯肉が腫れたり、欠けた歯が舌に当たり傷つけてしまうこともあります。舌を傷つけた状態が長く続くと舌癌の原因になることもあります。また噛み合わせが悪くなることも考えられます。
このように少し欠けた歯を放置すると、何らかのトラブルが起きる可能性が高くなってきます。

歯が少し欠ける原因は?

そもそも健康な歯であれば歯が少し欠けることはそれほど多くはありません。歯が少し欠けるとき、原因がちゃんとあるのです。

歯が欠けた原因にはどんなことが考えられるでしょうか?
・むし歯
一見むし歯に見えなくてもむし歯が進んでいて、歯の内部がもろくなり空洞化してしまっていることが多々あります。むし歯になると、表面の硬いエナメル質よりも柔らかい内部の象牙質の溶けるスピードが早くなってしまうためです。 この空洞化により、硬いものを噛んだり衝撃が加わったときに歯が欠けやすくなります。

・歯ぎしり・食いしばり
歯ぎしり・食いしばりも歯が欠ける原因になります。 目覚めている時にも歯ぎしりや食いしばりはありますが、特に寝ている時、無意識に噛みしめることが多くなります。この時、自分の体重と同じくらいの力が歯にかかると言われています。よって、歯ぎしり、食いしばりの強い方はかなりの負担がかかり、歯にヒビが入り歯が欠けるリスクも当然高くなります。

・噛み合わせ
噛み合わせが問題の場合もあるようです。 歯並びが悪く、歯の嚙み合わせが悪かったりズレていると噛む力が片寄ってしまいます。その状態が長く続くことにより一部の歯に負担がかかってしまい、ヒビが入り歯が欠けてしまうことが考えられます。

・外傷
外傷とは体外から加えられた力で出来た傷のことです。 突発的な事故で顔面に強い衝撃を受けた時に歯が欠けることがあります。 例えば交通事故、出会い頭にぶつかった、ボールが飛んできた、転んだ、公園遊具から落ちた、など様々な状況があります。

・酸蝕歯
あまり聞きなれない言葉だと思いますが、酸蝕歯(さんしょくし)とは、酸によって歯が溶けることを言います。 酸の多い飲み物や食べ物(酢やワイン、柑橘系の食べ物など)を摂り過ぎると、歯が酸性に傾きます。すると、通常歯は硬いエナメル質で覆われていますが、これがだんだんと溶けて薄くなり、歯が欠ける原因となります。 このケースはむし歯にもよく似ています。

歯が少し欠けたときの治療方法

歯が欠けたときの治療方法は、歯の欠けた部分の大きさや状態で変わります。

歯が欠けたときの治療方法を教えてください。
・欠けた箇所が小さい場合
歯が欠けた箇所が小さい場合、隙間や穴があいているとかくぼんだりしているなど、その症状や欠けた場所に合わせた治療をします。 欠けた歯を削って、コンポジットレジンという白い歯科用のプラスチックの詰め物をするのが一般的です。セラミックや金属より強度は劣りますが保険適用で綺麗に修復できます。 欠けた箇所がかなり小さい場合は、歯が破損して尖ってしまった部分を機械で磨きます。

・欠けた箇所が大きい場合
欠けた箇所が大きい場合、欠けてしまった歯と残っている歯の状態で治療方法が異なります。神経を残せるのであれば、詰め物や全体を覆う被せ物で対応します。もし神経が露出してしまっている場合は、詰め物や被せ物だけでは十分ではありません。神経を取り除き歯の根っこの治療が必要となります。その後、土台を入れ被せ物をします。被せ物は、保険適用のものと保険適用外のものがあります。

・欠けたのではなく大きく折れた場合
欠けたのではなく大きく折れたり、割れてしまった場合、まずはできるだけ歯をそのまま残すことを試みます。しかし、歯の組織周りの損傷があまりに酷いときは、被せ物での治療では限界があり抜歯になることがあります。抜歯になった場合は、被せ物の対応は出来なくなります。抜歯後は、きちんと噛めるように、ブリッジや入れ歯、インプラントなどで歯を補う治療を行います。

歯が破折して抜歯した場合の治療方法について教えてください。
・インプラント
歯が破折して抜歯した場合、その歯を補う治療が必要になります。 インプラントは歯を補うための治療です。顎の骨の中にインプラント体と呼ばれる土台を埋めて人工の歯を取りつける方法です。取り外しはできません。手術が必要となり、保険適用外で治療時間も費用もかかりますが、残っている歯への負担が少ない方法です。見た目も良く、違和感も少なく自分の歯で噛んでいる感覚に一番近い治療方法と言えるでしょう。

・ブリッジ
失った歯の両隣の歯を削り、型を取り土台を作ります。歯が繫がったものを被せる治療です。橋渡しのようなのでブリッジと呼ばれます。取り外すことはできませんが、比較的短期間で治療が終わります。ただ、土台となる健康な歯を削る必要があるので、歯への負担がかかります。

・入れ歯
残っている歯に金属のバネをかける方法で、型をとって作ります。必要に応じて隣の歯や他の歯を削ることもあります。インプラントやブリッジとは異なり取り外すことが出来、メンテナンスも楽です。保険適用でも作ることが可能で費用も抑えることが出来ます。ただ取り外しが出来る分、安定力がなかったり、違和感を感じたり、噛む力がインプラントやブリッジに比べて弱くなります。

編集部まとめ

歯が少し欠けてしまった時、痛みがないからたいしたことはないと自己判断で放置するのは避けましょう。放置すると小さな欠けが元になり、後のトラブルに繋がることもあるので油断は禁物です。なるべく早く歯医者へ受診することが大切です。

もし抜歯することになれば、歯の状態に合わせた治療方法を歯科医と相談しながら決めてくださいね。治療計画、費用、通院の回数、それぞれの治療のメリット、デメリットをしっかり確認しましょう。

参考文献

この記事の監修歯科医師
遠藤 眞次医師(グランメゾンデンタルクリニック)

遠藤 眞次医師(グランメゾンデンタルクリニック)

長崎大学歯学部を卒業後、東京と群馬の歯科医院で分院長を歴任。臨床のかたわら、歯周治療やインプラント治療についての臨床教育を行う「Dentcation」の代表を務める。他にも、歯科治療のデジタル化に力を入れており、デジタルデンチャーを中心に、歯科審美学会やデジタル歯科学会等で精力的に発表を行っている。

記事をもっと見る
  • この記事の監修医師
  • 他の監修記事
遠藤 眞次医師(グランメゾンデンタルクリニック)

長崎大学歯学部を卒業後、東京と群馬の歯科医院で分院長を歴任。臨床のかたわら、歯周治療やインプラント治療についての臨床教育を行う「Dentcation」の代表を務める。他にも、歯科治療のデジタル化に力を入れており、デジタルデンチャーを中心に、歯科審美学会やデジタル歯科学会等で精力的に発表を行っている。

  1. すべての歯を失った場合のインプラント・総入れ歯の治療費用|治療方法の特徴についても解説

  2. インプラントした前歯は10年後どうなってる?生存率や長持ちさせる方法などを解説

  3. デンタルインプラントの材質とは?基本構造や材質が多様な理由など徹底解説!

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

電話コンシェルジュで地域の名医を紹介します。

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-022-340