インプラント

インプラントの前歯1本の費用はどのくらい?インプラント費用について徹底解説!

インプラント 前歯1本 費用

インプラントの前歯1本の費用をご存じですか?本記事ではインプラントの前歯1本の費用について以下の点を中心にご紹介します。

  • インプラントの前歯1本の費用
  • インプラント治療費が高い理由
  • インプラント治療費の支払い方法

インプラントの前歯1本の費用について理解するためにもご参考いただけますと幸いです。ぜひ最後までお読みください。

インプラントの前歯1本の費用

インプラントの前歯1本の費用

前歯のインプラント費用は他の部分のインプラントより高くなりますか?
前歯のインプラント治療は一般的に難易度が高いとされており、そのため費用が高めに設定されています。具体的な費用は症状や治療の範囲によりますが、前歯のインプラント1本あたりの費用は、30〜50万円が相場とされています。
前歯1本あたりの費用はどのくらいですか?
前歯のインプラント1本あたりの費用は、30〜50万円が相場です。ただし、インプラント治療をするにあたっては別途手術が必要になることもあります。例えば、前歯部分をインプラント治療する場合、歯を支える「歯槽骨」と呼ばれる骨が薄く、抜歯してから時間が経過している場合は骨の吸収が進んでいる可能性もあります。その場合は、インプラント体を埋め込む土台部分の骨を造成する手術が必要で、その費用は1カ所あたり3〜10万円とされています。また前歯は目立ちやすいため、特に審美性が求められます。そのため、歯茎のボリュームを増やすための手術が必要になることもあり、その費用も考慮しなくてはなりません。

インプラント費用が高い理由

インプラント費用が高い理由

インプラントは保険が適用されないから高くなりますか?
インプラント治療は基本的に健康保険の適用外となります。健康保険は、国の定めた“必要最低限の健康”を維持する治療にのみ適用されます。このため、インプラントのように「より噛みやすい」「より見た目が良い」「より耐久性が高い」といった高品質な治療は、保険適用外の自由診療となります。自由診療では高度な治療法や高品質な材料を利用できる一方で費用は全額自費となるため、治療費は高額となってしまいます。
インプラントは歯の治療と比べてなぜ高いのですか?
インプラント治療は、従来の入れ歯やブリッジなどとは治療の工程が異なり、非常に高度な治療です。インプラント手術専用の機材はもちろん、高度な滅菌や感染予防のための設備、歯科用CTなどが必要です。このような設備の導入に費用がかかるため、必然的に治療の費用も高額になります。また、インプラント手術前には、CT検査、歯周病検査などの検査が必要で、これらの検査費用も必要となります。さらに、検査で問題が見つかった場合は手術前に歯周病の治療や骨造成などの前処理の費用もかかります。

インプラントの支払い方法

インプラントの支払い方法

分割払いできますか?
インプラント治療の費用は高額であるため、一括で支払うのが難しい場合があります。そのような場合、クレジットカードの分割払いが選択肢となります。クレジットカードでの支払いは手続きが簡単で、すでにクレジットカードを持っている人にとっては手軽に利用できます。また1回払いなら手数料がかからず、カードのポイントも付くため、お得感があります。ただし、分割払いを選択すると、手数料が発生します。これは実質年利で12.0〜15.0%となり、デンタルローンの金利(2.5~8%程度)よりも高いです。そのため、長期間にわたる分割払いを考える場合は、金利を考慮する必要があります。また、クレジットカードの分割払いは、カード会社により異なりますが、一般的には3〜24回の中から指定できます。そのため、自分の返済計画に合わせた選択が可能です。
クレジットカードを持っていない場合、他の支払い方法はありますか?
まず、現金での支払いが可能です。また、クレジットカードを持っていない方でも、デンタルローンを利用することで治療費の分割払いが可能です。デンタルローンは、金融機関が治療費を立て替えてくれる制度で、クレジットカードとは異なります。デンタルローンの特徴は、デンタルローンは、金融機関が治療費を立て替えてくれるため、手元にまとまったお金を準備できなくても治療を受けられることです。デンタルローンは歯科医院の窓口で手続きできる場合が多いです。デンタルローンを利用して、一年間に支払った治療費が10万円を超える場合は、医療費控除申告の対象となります。また、デンタルローンは金利が安いことがメリットとして挙げられます。ただし、デンタルローンの活用にはいくつか注意点もあります。デンタルローンはお金を借りることに変わりはないため、返済時には手数料と金利を支払う必要があります。そのため、実際に治療にかかる費用よりも最終的な支払い金額が多くなってしまいます。デンタルローンを借り入れるには、通常のローンと同様に審査が必要です。審査の基準はデンタルローンの種類によって少し異なりますが、多くの場合、収入額と借入額で判断されます。また、デンタルローンは、すべての医院で取り扱いがあるとはいえません。デンタルローンの手続きを医院の窓口ではできない場合もあるでしょう。クリニック独自の分割払いシステムを採用している場合もあるため、事前に医院へ確認してみましょう。
デンタルローンは何歳から利用できますか?
デンタルローンの利用は原則として18歳以上の安定した収入がある方が対象となります。ただし、アルバイトや主婦の方は保証人が必要な場合があります。

編集部まとめ

編集部まとめ

ここまでインプラントの前歯1本の費用についてお伝えしてきました。インプラントの前歯1本の費用についての要点をまとめると以下の通りです。

  • 前歯のインプラント1本あたりの費用は、30〜50万円が相場とされている。
  • インプラント治療は、保険適用外であることや、非常に高度な治療であることから治療費が高い。
  • インプラント治療費の支払い方法としてクレジットカード分割払いやデンタルローンなどがある。

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事の監修歯科医師
遠藤 眞次医師(グランメゾンデンタルクリニック)

遠藤 眞次医師(グランメゾンデンタルクリニック)

長崎大学歯学部を卒業後、東京と群馬の歯科医院で分院長を歴任。臨床のかたわら、歯周治療やインプラント治療についての臨床教育を行う「Dentcation」の代表を務める。他にも、歯科治療のデジタル化に力を入れており、デジタルデンチャーを中心に、歯科審美学会やデジタル歯科学会等で精力的に発表を行っている。

記事をもっと見る
  • この記事の監修医師
  • 他の監修記事
遠藤 眞次医師(グランメゾンデンタルクリニック)

長崎大学歯学部を卒業後、東京と群馬の歯科医院で分院長を歴任。臨床のかたわら、歯周治療やインプラント治療についての臨床教育を行う「Dentcation」の代表を務める。他にも、歯科治療のデジタル化に力を入れており、デジタルデンチャーを中心に、歯科審美学会やデジタル歯科学会等で精力的に発表を行っている。

  1. すべての歯を失った場合のインプラント・総入れ歯の治療費用|治療方法の特徴についても解説

  2. インプラントした前歯は10年後どうなってる?生存率や長持ちさせる方法などを解説

  3. デンタルインプラントの材質とは?基本構造や材質が多様な理由など徹底解説!

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

電話コンシェルジュで地域の名医を紹介します。

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-022-340