インプラント

インプラントって危ないの?インプラントのリスクや理由、後悔しないための知識などを紹介!

インプラントって危ないの?

インプラントが危ない理由を知っていますか? 本記事では、インプラントが危ない理由を以下の点を中心にご紹介します!

  • インプラントは危ないのかについて
  • そもそもインプラントとは?
  • インプラントのリスクについて

インプラントが危ない理由について理解するためにご参考いただけると幸いです。 ぜひ最後までお読みください。

インプラントは危ないのかについて

インプラントは危ないのかについて

ここでは、インプラントは危ないのかについて解説します。 インプラント治療には一定のリスクがあるとされていますが、治療する歯科医師が適切な知識と技術を持ち、設備が整っている場合には、危険な治療法ではありません。また、治療後に神経損傷によるしびれや痛みが生じる可能性があるため、治療前には歯科医師としっかりと話し合い、リスクや治療方針を確認することが大切です。 一方で、インプラント治療は天然歯に最も近い上部構造を提供するため、従来の入れ歯やブリッジより多くのメリットがあるとされています。例えば、食事の制限が少なく、見た目も自然であるため、生活の質の向上が期待できます。また、口内環境の改善や周囲の歯の保護も期待できます。 ただし、一部の歯科医院ではインプラント治療に対して反対する見解もあるため、治療前には信頼できる歯科医師を選ぶことが重要です。また、治療費用も高額であるため、負担を軽減するためには分割払いやデジタルローンを利用するなどの方法があります。治療前にはしっかりと費用面も確認し、負担を軽減する方法を選ぶことも必要です。

そもそもインプラントとは?

そもそもインプラントとは?

ここでは、そもそもインプラントとは?について解説します。 インプラント治療は、歯を失った部分に人工歯根を埋め込むことで、見た目や噛む機能を回復する治療法です。一般的には医療器材を人の体に埋め込むことの総称ですが、歯科においては、歯を失った部分に人工歯根を埋め込む治療法を指します。 歯科治療においては、インプラントは従来の入れ歯やブリッジより多くのメリットがあります。インプラントは、骨としっかりと結合し、固定されるため、噛む力が天然歯に近く、入れ歯のように動くことはありません。また、周囲の歯を削る必要がなく、天然歯に負担をかけることもありません。 一方で、インプラント治療には、神経損傷によるしびれや痛みが後遺症として起こる場合があるため、信頼できる歯科医師による治療が必要です。また、一部の歯科医院ではインプラント治療に反対する見解もあるため、治療前にはリスクやメリットについてよく理解し、信頼できる歯科医師を選ぶことが重要です。 インプラント治療の費用は高額であるため、分割払いやデジタルローンを利用することで、負担を少なくする方法もあります。また、医療費控除を利用することで、一定の範囲内で治療費を節約することもできます。適切な治療法を選び、負担を少なくする方法を考えることで、歯を失った場合でも、快適な生活を送れます。

インプラントは危ないと言われる理由

インプラントは危ないと言われる理由

ここでは、インプラントが危ないと言われる理由について解説します。

使用設備が異なる

インプラント治療には、使用する設備や技術によってリスクが変わる可能性があります。一部の歯科医師では、使用する設備が十分でなかったり、技術力が未熟だったりすることで、インプラント治療の失敗が起こる可能性があります。特に、骨の状態や歯周病の進行度合いによっては、十分な診査や手技が必要となることから、歯科医師の技術力や経験が非常に重要になります。 また、インプラント治療に使用する設備には、高額なものも多くあります。十分な設備が整っていることは大切ですが、患者さんの状態に合わないインプラントを使用してしまうことで、インプラントが失敗するリスクがあります。

衛生管理を怠っている

インプラント治療では、衛生管理を怠ることがリスクの一つとされています。インプラントは、歯周病などの疾患があると治療が成功しない場合があります。また、手術中の感染症や術後の炎症などもリスクの一つとなります。 衛生管理を怠ると、これらのリスクが高まることがあります。例えば、手術前に歯周病などの疾患があると、手術後に感染症が発生する可能性があります。また、手術中や手術後に患者の口内環境が不潔であると、術後の炎症や感染症の発生率が高くなることがあります。 そのため、インプラント治療を受ける前には、歯科医師による口内状態のチェックを受けることが重要です。また、手術中や手術後には衛生管理に十分な注意を払うことが必要です。手術前後には、定期的な歯科検診やクリーニングを受けることで、インプラント治療のリスクを低減できます。

インプラントのリスクについて

インプラントのリスクについて

ここでは、インプラントのリスクについて解説します。

偶発症のリスク

インプラント治療には、手術に伴うリスクがあります。手術中に起こる可能性がある偶発症としては、神経損傷や異常出血、感染、骨折などが挙げられます。 神経損傷は、手術中に神経にダメージが与えられることで起こります。この場合、患者さんはしびれや痛みを感じることがあります。また、手術中や手術後の異常出血は、手術中の視界を悪くしたり、貧血を引き起こしたりする可能性があります。感染症も、手術部位が治癒するまでの期間に発生することがあります。 骨折は、インプラントを埋め込むための処置中に骨が割れることがあります。これは、手術中の力の加減が原因で起こることがあります。骨折が起こると、骨が完全に治癒するまで治療が長引く可能性があります。 しかし、偶発症が起こる確率は非常に低く、また、慎重な診断と手術によってリスクを最小限に抑えられます。また、リスクを低減するためには、治療する歯科医師の経験と技術力が非常に重要です。患者さんも、治療前にリスクやメリットをよく理解し、信頼できる歯科医師を選ぶことが重要です。

歯周病菌との関係

インプラント治療において、リスクの一つとして考えられているのが、歯周病菌との関係です。歯周病菌は、口腔内に常在し、歯周病の原因として知られています。インプラント治療中に歯周病菌が感染することで、周囲の骨が炎症を起こし、インプラントが失敗するリスクがあります。また、インプラントが埋入された場所の歯周病菌感染によって、周囲の歯肉炎や歯周炎が進行し、周囲の歯を失う原因ともなります。 このようなリスクを軽減するためには、インプラント治療前に、歯周病の有無を確認することが重要です。歯周病がある場合は、それを治療してからインプラント治療する必要があります。また、インプラント治療後は、定期的なメンテナンスが欠かせません。歯周病菌が再度感染しないよう、プロフェッショナルな歯科医師によるクリーニングや、患者さんの日常的な口腔ケアが必要とされます。 歯周病菌によるインプラントのリスクを軽減するためには、歯科医院の選択も重要です。信頼できる歯科医師や医院であれば、インプラント治療の前後に適切な診断や治療をし、リスクを最小限に抑えられます。

金属アレルギー

インプラント治療によるリスクの1つとして、金属アレルギーが挙げられます。インプラント治療に使用されるチタンやチタン合金は、多くの人々に使用されています。しかし、稀に、これらの金属に対するアレルギー反応が発生することがあります。このような場合、治療後に症状が発生することがあります。 金属アレルギーの症状には、腫れや痛み、発疹、かゆみ、紅斑、または口内炎などがあります。治療後にこれらの症状が現れた場合は、すぐに歯科医師に連絡する必要があります。 金属アレルギーのリスクを減らすために、事前にアレルギー検査ができます。また、金属フリーのインプラントも利用可能であり、アレルギー反応が心配な場合には、選択肢として検討しましょう。 重要なことは、金属アレルギーは非常に稀な症状であるため、ほとんどの人はインプラント治療を受けられます。しかし、歯科医師とよく相談し、リスクとメリットを確認した上で治療を受けることが重要です。

インプラントで後悔しないために

インプラントで後悔しないために

ここでは、インプラントで後悔しないためについて解説します。

インプラントに存在するメリット・デメリットの両方を知る

インプラントは歯を失った部分に人工歯根を埋め込み、被せ物を取り付け、見た目や噛む機能を回復させる治療法です。インプラントには、以下のようなメリット・デメリットがあります。

  • 【メリット】
  • 入れ歯やブリッジより、天然歯に近い噛む力を発揮できる。
  • 入れ歯やブリッジと違い、周囲の歯を削る必要がないため、周囲の歯を傷つける心配がない。
  • 見た目が自然で、装着感が少なく、口腔内になじみやすい。
  • 耐久性が高く、長期間使用できる。
  • 【デメリット】
  • 手術によるリスクがある。特に、神経損傷によるしびれや痛みがある場合がある。
  • 手術後の治癒期間が必要であり、インプラントが埋め込まれてから、被せ物を取り付けるまでの期間が長い。
  • 費用が高く、自費診療であるため、保険適用外となる場合が多い。
  • 手術によるリスクや、後々のメンテナンスによる費用など、将来的にも負担がかかることがある。

これらのメリット・デメリットをよく理解し、リスクを最小限に抑えた治療を受けることが重要です。治療前には、歯科医師とのカウンセリングや検査を受け、自分に合った治療方法を選択しましょう。また、治療後は定期的なメンテナンスを受けることで、長期的な使用を目指すことが必要です。

患者さんも情報を得る努力をする

インプラント治療は、高い成功率を誇る治療法ですが、患者さんも情報収集をすることで、治療の成功に大きく貢献できます。 まずは、インプラント治療に関する基本的な知識を身につけることが大切です。治療の流れや費用、リスクやメリットなどを理解することで、治療に対する不安や疑問を解消できます。 次に、治療する歯科医院の情報収集が必要です。インプラント治療に対応している歯科医院を選び、医師の資格や経験などを調べることが大切です。また、治療前には医師とのカウンセリングを受けることで、自身の希望や不安を伝えられます。 さらに、治療後のアフターケアも重要です。インプラント治療後は、定期的なメンテナンスや適切な歯磨き、生活習慣の改善が必要となります。患者さんも、適切なアフターケアをすることで、治療の長期的な成功につながります。 患者さんが情報を得ることで、治療に対する不安や疑問を解消し、治療の成功に貢献できます。インプラント治療を受ける際には、自身も積極的に情報収集し、治療を成功させましょう。

適切な治療計画を立案する

インプラント治療には、患者さんの歯科状態や顎の骨の状態、治療希望の形態や機能、健康状態など多様な要素が関係しています。そのため、適切な治療計画を立案することが重要です。以下に適切な治療計画を立案するためのポイントを紹介します。 まず、歯科医師が患者さんの歯科状態や顎の骨の状態を詳しく検査することが必要です。レントゲン検査やCT検査などを受け、骨の厚さや質、歯茎の状態、歯周病の有無などを把握します。 次に、治療希望の形態や機能を明確にしましょう。例えば、前歯では見た目が重視されますが、奥歯には噛む力が必要です。また、患者さんのライフスタイルに合わせて、入れ歯やブリッジといった治療法も検討する必要があります。 健康状態も治療計画に影響します。高血圧や糖尿病、心臓病などの全身疾患がある場合は、手術や麻酔によるリスクが高まるため、事前に医師に相談しましょう。 最後に、信頼できる歯科医師を選ぶことも重要です。経験豊富な医師が治療を担当することで、治療成功率が高まり、後悔することが少なくなります。

まとめ

まとめ

ここまでインプラントが危ない理由についてお伝えしてきました。 インプラントが危ない理由の要点をまとめると以下の通りです。

  • インプラント治療にはリスクがあるが、適切な知識と技術を持っている場合には、危険な治療法ではない
  • インプラント治療は、歯を失った部分に人工歯根を埋め込むことで、見た目や噛む機能を回復する治療法
  • インプラント手術中に起こる可能性がある偶発症としては、神経損傷や異常出血、感染、骨折などがある

最後までお読みいただきありがとうございました。 これらの情報が皆さまのお役に立てれば幸いです。

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

電話コンシェルジュで地域の名医を紹介します。

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-022-340