インプラント

インプラントは後悔しかない?後悔しないために自分でできることとは?

インプラントは後悔しかない?

インプラント治療は、歯を失った方にとって革命的な解決策となっていますが、「インプラントは後悔しかないのでは?」という疑問を抱く人もいるかもしれません。しかし、正しい情報や適切にケアすることで、インプラント治療を後悔することは避けられます。本記事では、インプラント治療において後悔しないために以下の点を中心に解説いたします。

  • インプラント治療の典型的な失敗例
  • インプラント歯科の選び方
  • インプラント治療で後悔しないためにできること

ぜひ最後まで御覧ください。

インプラント治療は後悔するのか?

インプラント治療は後悔するのか?

インプラント治療を受ける際の後悔は、個人の状況や期待により異なります。治療の成功率は高いですが、リスクやデメリットも存在します。そのため、情報収集とカウンセリングが重要です。適格な専門家と協力し、リスクと利益を理解した上で意思決定しましょう。自身の状態や希望に合わせた適切な治療計画を立てることで、後悔することは少なくなるでしょう。

インプラント治療の失敗例

インプラント治療の失敗例

インプラント治療の失敗例にはどのようなものがあるでしょうか。
以下で詳しく見ていきましょう。

インプラントの埋込が不適切

インプラント治療において、埋込みの位置や角度が不適切な場合、治療の成功が脅かされる可能性があります。インプラントは、適切な位置に埋め込まれることで、噛む力や機能が発揮されます。しかし、不適切な位置や角度で埋め込まれた場合、噛む力の低下や周囲の組織への負担が生じます。したがって、インプラント治療をする際には、歯科医師との相談や適切な診断が欠かせません。また、患者さんも治療計画の説明や埋め込み位置についての確認を重視することが重要です。

インプラント歯周炎への感染

インプラント治療において、インプラント周囲炎という感染症のリスクが存在します。通常、天然歯には歯根膜が存在し、感染から歯を保護しますが、インプラントには歯根膜がありません。そのため、インプラントは感染に対して脆弱な状態にあります。
インプラント周囲炎は、周囲の組織が歯周病菌に感染することで起こります。感染が進行すると、歯茎が炎症を起こし、次第に骨も失われてしまいます。

メンテナンスを怠ってしまった

インプラント治療を受けた場合、定期的なメンテナンスとクリーニングは非常に重要です。しかし、メンテナンスを怠ってしまうと、インプラントに汚れや歯垢が蓄積され、そこで細菌が繁殖する可能性があります。これにより、インプラント周囲炎のリスクが高まります。
定期的なメンテナンスをすることで、インプラント周囲の汚れや歯垢を除去し、口腔内の清潔さを維持できます。定期的なメンテナンスの重要性を理解し、予約を守って通院することが必要です。

後悔しない歯医者選びのポイント

後悔しない歯医者選びのポイント

歯医者を選ぶ際には、後悔しない治療を受けるために慎重な選択が重要です。適切な歯医者を見つけるためには、いくつかのポイントに注目することが必要です。ここでは、後悔しない歯医者選びのポイントについて紹介します。

経験豊富・認定医や専門医の医師がいるのか

インプラント治療を受ける際には、経験豊富な医師や認定医、専門医の存在が重要です。インプラント治療を提供している歯科医師は限られており、その中でも実績や資格に注目する必要があります。

まず、歯医者のインプラント治療の年間症例数や実績を確認しましょう。多くの実績がある医師は、幅広いケースに対応できる経験と技術を持っている可能性が高くなります。また、インプラントに関連する認定医や専門医の資格を所有している医師が治療を担当するかも重要です。これらの資格を持つ医師は、専門的な知識と技術を持っており、より高度な治療を提供できるでしょう。

さらに、顎の骨の厚みが薄いなどの特殊なケースでも対応可能かどうかも確認することが大切です。経験豊富な医師は、難しい症例にも対応できる能力を持っています。

ただし、インプラント治療には事前の歯周病や虫歯の治療が必要な場合もあります。そのため、単にインプラントの実績や資格にとらわれるのではなく、幅広い知識や経験を有している歯科医師を選ぶことも重要です。

インフォームドコンセントを行っているか

インプラント治療において、インフォームドコンセント(同意に先立つ情報提供)は非常に重要です。治療計画が立てられ、実際の治療に入る前に、患者さんと歯科医師の間でインフォームドコンセントが行われる必要があります。

インフォームドコンセントとは、歯科医師が患者さんに対して治療に関する十分な説明をし、患者さんがその説明に納得した上で、最終的に治療に同意することを意味します。これにより、患者さんは自身の状態や治療の内容、リスクや副作用、予想される結果などについて正確な情報を得られます。

料金がわかりやすいか

インプラント治療を選ぶ際のポイントの一つは、料金設定のわかりやすさです。治療費用が数十万円にもなるため、料金が明確であることは重要な要素です。

患者さんは、予算に応じた治療を受けられるか、最終的な支払いがいくらになるのかを事前に確認する必要があります。また、治療後に追加費用が発生する場合があるかどうかも重要です。治療費用の明確な提示は、患者さんが予算を立て、治療費に関する不安を軽減するのに役立ちます。

さらに、歯科医院ごとに保証内容も異なるため、メンテナンスに関する費用や対象期間についても確認しておくことが重要です。

インプラント治療を後悔しないためにできること

インプラント治療を後悔しないためにできること

インプラント治療を後悔しないためには、いくつかの重要なポイントに注意することが求められます。患者自身ができることを考えると、以下の要素が挙げられます。

格安費用に釣られない

インプラント治療を後悔しないためには、格安費用にだけに惑わされず、安全性と品質を重視することが大切です。低価格の治療費には注意が必要で、被せ物や麻酔の費用が含まれていない場合や、安価なインプラントの使用にはリスクが伴う可能性があります。

喫煙を避ける(禁煙する)

喫煙者のインプラント治療には注意が必要です。喫煙によるリスクとして、治療の失敗率が非喫煙者の約2倍となることが知られています。喫煙はインプラント治療の安全性にも影響を与えます。喫煙による血管の収縮や血流の悪化がインプラントと骨の結合に問題を生じさせ、インプラントのグラつきや外れのトラブルを引き起こす可能性があります。

また、喫煙者は歯周病にかかりやすく、歯周病はインプラントの抜け落ちを引き起こす要因となります。血流の悪化により唾液の分泌量が低下し、口内の細菌が増えやすくなるため、歯周病のリスクが高まります。喫煙によるリスクを避け、インプラントの安定性と長期的な成功を確保するためには、医師の指示に従い喫煙を避けることが必要です。

歯科医院でのメンテナンスを受ける

インプラントを長く健康に保つためには、定期的な検診とメンテナンスが不可欠です。インプラントは虫歯にはなりませんが、むし歯と同様に口内環境の悪化により「インプラント周囲炎」という病気を引き起こす可能性があります。

ケア不足や不十分な歯磨きにより、歯垢や歯石がインプラント周辺に溜まると、口内の歯周病菌が増えてしまいます。これによってインプラント周囲炎が発生し、最初は歯ぐきの赤みや腫れ、出血といった症状が現れます。進行すると、顎の骨が溶けることでインプラントが失われる可能性もあります。普段の歯磨きだけでは完全に汚れや歯垢、歯石を除去することは難しいため、歯科医院での歯面清掃やスケーリング(歯石取り)が必要です。

歯軋りや食いしばりをしない

無意識に行われる歯軋りや食いしばりは、口腔内に様々な影響を与えます。多くの人々は自分が歯軋りや食いしばりをしていることに気付かず、家族や歯科医師の指摘で初めて認識することがあります。

歯軋りは主に寝ている間に行われ、歯を擦り合わせる音が特徴です。日常生活の中で無意識に歯を食いしばる方も多く存在します。ほとんどの人は自分が歯軋りや食いしばりをしていないと思い込んでおり、歯科医師に指摘されて初めて気付くこともあります。しかし、歯科医師に指摘される時点で既に歯や口腔粘膜に異常が生じている可能性があります。

まとめ

まとめ

ここまでインプラントで後悔しないための情報をお伝えしてきました。 本記事の要旨は以下のとおりです。

  • 不適切な治療やメンテナンスにより失敗することがある
  • 認定医やわかりやすい料金体系かどうかを見て、総合的に判断すべき
  • 喫煙は避け、日常的なメンテナンスを怠らない

本記事が少しでもお役に立てば幸いです。 最後までご覧いただきありがとうございました。

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

電話コンシェルジュで地域の名医を紹介します。

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-022-340