オールオン4

インプラントのオールオン4とは?メリット・デメリットや費用まで併せて徹底解説!

インプラント オールオン4

インプラントの オールオン4を知っていますか? 本記事では、インプラント のオールオン4とは?メリット・デメリットや費用について以下の点を中心にご紹介します。

  • オールオン4とは
  • オールオン4の費用
  • オールオン4の特徴

インプラント オールオン4について理解するためにもご参考いただけますと幸いです。ぜひ最後までお読みください。

オールオン4とは

オールオン4とは

オールオン4は、最小限の4本のインプラントを使用して、全ての歯を支えるインプラント治療法です。この治療法では骨の移植は必要ない場合が多く、上下顎に4本ずつのインプラントを埋入し、上部構造を装着します。 オールオン4は、入れ歯やブリッジのような取り外し可能な補綴物よりも快適さと安定性を提供します。しかし、個々の状況によって異なる結果が得られる可能性があるため、治療計画は歯科医師との相談が重要です。

オールオン4の費用

オールオン4の費用

オールオン4治療の費用は、治療する範囲によって異なります。 一般的には、全体の場合には4,000,000円から5,000,000円程度です。片側の治療の場合、平均的な費用は2,000,000円から2,500,000円程度となっています。ただし、これらはあくまで目安であり、クリニックや患者のニーズによって異なる場合があることに注意が必要です。具体的な治療計画と費用については、歯科医師との相談をおすすめします。

オールオン4の特徴

オールオン4の特徴

オールオン4の特徴はなんでしょうか。 以下で解説していきます。

痛みが少ない

オールオン4治療は、痛みが少ないという特徴があります。オールオン4治療では、手術中に麻酔が使用されます。これにより、患者は手術中に痛みを感じることがありません。オールオン4治療は、4本のインプラントを使用して支えるため、他の方法より、治療後の痛みや腫れが軽減されます。ただし、個人の感受性や治療の複雑さによって痛みの感じ方は異なる場合があります。

違和感なく食事ができる

オールオン4治療は、違和感なく食事を楽しめます。 オールオン4治療では、上部構造の構造が自然な咀嚼の動きを再現するように設計されます。このため、固い食材や食物繊維の多い野菜など、通常の食事に含まれるさまざまな食品を楽しめます。ただし、初めての段階では少しだけ違和感を感じることもあるかもしれませんが、すぐに慣れて自然になります。

審美性が高い

オールオン4治療では、専門家が患者の歯列や顔の形状に合わせて上部構造を設計します。色調や形状を細かく調整することで、自然な歯の外観を再現できます。オールオン4治療では、インプラントと上部構造の接合部分が歯茎に美しく配置されます。適切な形状と色調を選ぶことで、歯茎の美しさを再現し、自然な口元の印象を与えられます。

オールオン4のメリット

オールオン4のメリット

オールオン4にはどのようなメリットがあるのでしょうか。 以下で解説していきます。

短期間で治療できる

オールオン4では、通常4本のインプラントを使用して固定された橋を装着します。この方法により、通常のインプラント治療よりも短い期間で治療を完了できます。手術から上部構造の装着までの期間が短いため、患者は早く咬む力や口腔機能を回復できます。

身体への負担が少ない

オールオン4では、通常のインプラント治療と比べ、使用する人工歯根の数が少なくなります。したがって、手術のダメージを減らすことができ、身体への負担を軽減します。

骨が少ない方も施術できることがある

通常のインプラントでは骨が不足していると考えられる場合でも、オールオン4では十分に対応することが可能です。 骨移植: 骨が不十分な場合、骨移植手術によって骨を補強できます。自身の骨や人工の骨を使用して骨量を増やし、インプラントの安定性を確保します。 ボーングラフト: 骨移植が難しい場合、ボーングラフトと呼ばれる特殊な材料を使用して骨を補強する方法もあります。これにより、インプラントの埋入に必要な骨の量と質を確保します。 傾斜埋入:骨の量が少ない場合でも、長いインプラントを斜めに埋入することで、インプラントの安定を図ります。これにより、追加の骨移植手術を回避できます。 オールオン4治療では、患者の骨の状態や個別のニーズに合わせた治療計画が立てられます。

治療費用を抑えられる

オールオン4治療は、少ないインプラント数と骨移植の不要性から、通常のインプラント治療よりも費用が安くなります。顎の骨が薄い患者でも骨移植なしで治療が可能であり、費用の節約につながります。また、顎骨の厚い部分での施術が行えるため、骨移植の必要性を減らし、治療全体のコストを削減できます。平均的なオールオン4治療の費用は顎あたり2,000,000円から2,500,000円程度ですが、歯科医院によって異なるため、複数のクリニックの価格とサービスを確認することがおすすめです。

オールオン4のデメリット

オールオン4のデメリット

オールオン4のデメリットはなんでしょうか。 以下で解説していきます。

全ての歯を抜歯しなければならない

この治療法は、全ての歯を失ってしまった方や総入れ歯の方に適していますが、手術前に全ての歯を抜歯する必要があります。通常のインプラント治療では、失った部位にインプラントを埋入しますが、オールオン4では最少4本のインプラントで片顎全体を支えるため、すべての歯を抜歯する必要があります。このため、オールオン4のデメリットとしては、残っている歯をすべて抜歯する必要がある点が挙げられます。

治療できる歯科医師が少ない

オールオン4治療できる歯科医師の数には制約があるという問題が存在します。オールオン4治療は技術と経験を要するため、すべての歯科医師がこの治療を提供するわけではありません。したがって、患者がオールオン4治療を受けたい場合、専門的な知識と経験を持つ歯科医師を探す必要があります。

健康保険が適用されない

オールオン4治療は一般的に健康保険の対象外であり、自己負担治療とされています。したがって、患者は治療の全費用を自己負担する責任があります。この治療の高額な費用は、治療の欠点と見なされている一因です。

オールオン4の治療の流れ

オールオン4の治療の流れ

オールオン4の治療はどのように進めるのでしょうか。 以下で解説していきます。

カウンセリング

オールオン4治療のカウンセリングは以下のような方法で行われます。まず、歯科医院でのカウンセリングが行われます。患者の歯の悩みや希望を歯科医師に伝え、オールオン4治療が適しているかどうかを検討します。また、手術前のカウンセリングでは、麻酔科医が手術の状態や麻酔についての説明をします。これにより、患者は手術の前に状況を理解し、治療を受けられます。

検査

オールオン4治療を受けるためには、以下の手順と検査が必要です。まず、口腔および身体検査が行われます。これにより、インプラントを配置するための骨の量と質が正確に評価されます。歯科CTスキャンも実施され、詳細なデータが取得されます。さらに、パノラマX線や口腔内写真、歯周検査も行われます。 血液検査も行われる場合があります。これにより、患者が治療に適しており、十分な健康状態であることが確認されます。

手術

オールオン4治療では、以下の手順が行われます。まず、インプラントの埋め込み術が行われます。フラップ法またはフラップレス法のいずれかが選択され、適切な数のインプラントが顎に埋め込まれます。顎の状態によっては、必要なインプラントの本数が増える場合もあります。 手術後、仮歯が装着されます。これにより、手術後の噛み合わせや美しさが保たれます。

最終的な上部構造の装着

オールオン4治療では、手術後には一時的な仮歯が使用され、噛み合わせや機能の確認が行われます。約3~6ヶ月経過した後、型取りが行われ、仮歯が最終的な人工歯と交換されます。

まとめ

まとめ

ここまでインプラント オールオン4についてお伝えしてきました。インプラント オールオン4についての要点をまとめると以下の通りです。

  • オールオン4とは、最小限の4本のインプラントを使用して、全ての歯を支えるインプラント治療法である
  • オールオン4治療の費用は2万円から4万円の範囲で行われる
  • オールオン4のメリットは、骨移植不要で経済的であり、体への負担少なく、咬合力と自然な見た目を実現できることである

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

電話コンシェルジュで地域の名医を紹介します。

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-022-340