インプラント

インプラント再手術の費用はいくら?再手術が必要になる理由や費用、予防法など徹底解説!

インプラント再手術の費用はいくら?

インプラントの再手術はどのくらい費用がかかるのか気になりませんか? 本記事ではインプラント再手術の費用について以下の点を中心にご紹介します!

  • インプラントの再手術について
  • インプラント再手術の費用
  • インプラントの再手術を防ぐには

インプラントの再手術について理解するためにもご参考いただけると幸いです。 ぜひ最後までお読みください。

インプラントの再手術について

インプラントの再手術について

インプラントの再手術が必要になる原因は何ですか?
インプラントが再手術になる原因は大きく5つあります。1つ目は手術前に歯周病治療ができておらず、歯周病菌によってインプラントが脱離してしまった場合です。2つ目は、手術者のスキルや経験不足によるもので、治療が長持ちしない場合があります。3つ目は、手術後のメンテナンス不足や喫煙によるもので、インプラント周囲炎のリスクが上がり、定着しなくなることがあるためです。4つ目は、過度な歯ぎしりや食いしばりによる影響で、インプラントにも問題が起きてしまう場合があります。5つ目は、転倒や事故による影響で、インプラントが破損することがあるためです。適切なメンテナンスや生活習慣、歯の健康管理が必要です。
インプラントの再手術が必要になるのは、どのような症状が出たときですか?
インプラントの再手術が必要になる代表的な症状は、インプラントが外れたり、ぐらついたり、破損したりする、痛みや腫れ、しびれが続く場合です。ただし、上部構造だけが割れたり欠けたりする場合は大きな問題にはなりません。歯茎に埋め込まれたインプラント自体に問題がある場合を除き、すぐに修復できる場合が多いからです。しかし、痛みや腫れ、しびれなどの症状が続く場合や、インプラントそのものがぐらついてしまった場合は再治療が困難になる場合があります。したがって、これらの症状が現れた場合は早めに歯科医師に相談することが大切です。

インプラント再手術の費用について

インプラント再手術の費用について

保険診療で再手術ができる条件は何ですか?
保険診療でインプラントを取り外す場合は、まず歯科医師による診断が必要です。インプラントが不適と認められた場合、保険診療で摘出可能です。費用はインプラントの種類によって異なり、人工歯根タイプは1本あたり460点、ブレードタイプは1250点、骨膜下インプラントは1700点となっています。また、骨を削った場合は骨開削加算があり、各摘出術の点数の50%が加算されます。なお、この費用には初再診料、レントゲン写真、薬代などは含まれておらず、自己負担額が発生します。
保険診療で再手術ができる場合の費用はどのくらいですか?
保険診療で再手術が必要な場合、費用はどの程度か気になるところです。例えば、人工歯根タイプのインプラントを2本摘出する場合、骨を削る必要がある場合は、骨開削加算が必要となります。この場合、保険点数は1380点になります。自己負担割合が3割の場合、支払う金額は4140円になります。ただし、再診料や処方箋代、薬代などが追加でかかることにも注意が必要です。
保険診療で再手術できないのはどのような場合ですか?
歯科医院や病院でインプラント治療を受けた場合、保険診療で再手術ができない場合があります。例えば、インプラントを入れた歯科医院や病院でインプラントを摘出した場合です。このような場合は自費診療となり、その歯科医院や病院にお問い合わせが必要となります。保険診療でカバーされないため、費用が高くなることが予想されます。したがって、インプラント治療を受ける前に、自分の治療が保険診療の対象になるかどうか、しっかり確認することが大切です。

インプラントの再手術を防ぐ方法

インプラントの再手術を防ぐ方法

定期的なメンテナンスは必要ですか?
インプラント治療後の定期メンテナンスは非常に重要です。定期的に歯科医院を受診して、歯磨きでは落とし切れない汚れをクリーニングすることで、インプラント歯周炎を予防できます。インプラント歯周炎は、インプラントを支える骨が破壊される原因になるため、定期的なメンテナンスを怠ると再手術が必要になることもあります。定期的なメンテナンスを受けることで、インプラントの寿命を延ばし、健康な口内環境を維持できます。
歯ぎしり・食いしばりを軽減することは必要ですか?
歯ぎしりや食いしばりは、インプラントに負荷をかけ、破損やインプラント歯周炎を引き起こすリスクを高めるため、軽減することで、インプラントの寿命を伸ばす効果が期待できます。また、ナイトガードやボトックス注射などの対策を行うことで、インプラントへの負荷を軽減できます。ただし、これらの対策は根本的な解決策ではなく、定期メンテナンスと併用することでインプラントを保護できます。定期的なメンテナンスとともに、歯ぎしりや食いしばりの対策を行い、インプラントの長寿命化を目指しましょう。
喫煙習慣がありますが、どうすればよいですか?
喫煙習慣がある方がインプラント治療を考える場合、喫煙によって手術の成功率が下がる可能性や、歯周病の感染を起こしやすくなる可能性があります。そのため、禁煙することで口内の健康を保ち、インプラント治療の寿命を延ばせます。喫煙を減らすことでも、口内の健康を改善できるため、治療前には積極的に取り組むことが大切です。

編集部まとめ

編集部まとめ

ここまでインプラント再手術の費用についてお伝えしてきました。 インプラント再手術の費用の要点をまとめると以下の通りです。

  • インプラント再手術のリスクを減らすためには、適切なメンテナンスや生活習慣、歯の健康管理が必要
  • インプラントが不適と認められた場合は、保険診療で摘出可能
  • 保険診療の適応外となる場合は自費診療となるため、費用が高くなる可能性がある

本記事が少しでもお役に立てれば幸いです。 最後までお読みいただきありがとうございました。

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

電話コンシェルジュで地域の名医を紹介します。

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-022-340