オールオン4

オールオン4治療の痛み:原因と対処法、予防法について解説します!

オールオン4 痛み

オールオン4治療は、口腔内に4本のインプラントを埋め込み、それらを支えにして全顎の歯を補綴する手法です。重度の歯周病や事故などで多くの歯を失った方、または従来の入れ歯やブリッジが合わない、使用できない方におすすめの治療です。手術時間も短く、回復も早い傾向にあります。
本記事では、オールオン4治療に関連する痛みについて、以下の点を中心に紹介します。

  • オールオン4治療の痛みについて
  • オールオン4治療するうえでの悩み
  • オールオン4治療の痛みの予防法

オールオン4治療に関連する痛みについて理解するためにも、ご参考いただけると幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

オールオン4治療の痛みについて

オールオン4治療の痛みについて

オールオン4の手術中に痛みを感じますか?
オールオン4の手術中には、局所麻酔などの鎮痛作用のある薬が使用されるため、患者さんが痛みを感じることはほとんどないとされています。
手術は通常のインプラント治療よりも短い時間で完了し、インプラント体(失われた歯を置き換えるために顎骨に埋め込まれる人工の歯根)は少なく済むため、体への負担も軽減されます。

痛みを感じやすい体質の患者さんに対しては、追加の麻酔薬を用いるなどの配慮がされることがあります。
また、歯科医院によっては、麻酔による静脈内鎮静法(セデーション)も選択肢として提供されており、これにより患者さんはよりリラックスした状態で手術を受けられます​。この方法では、鎮静剤を静脈に直接投与します。意識はある中で、不安や痛みを感じにくくなる作用があるため、痛みや不安を抑えた手術を受けられます。
しかし、このような静脈内への鎮痛剤投与といった対応は、全ての歯科医院で受けられるわけではないため、事前にホームページなどで調べておくとよいでしょう。

仮歯期間の痛みの原因を教えてください
オールオン4の仮歯期間中に痛みが生じる原因は、仮歯の破損や骨を整形する際に生じる痛みや腫れ、またインプラントが緩むことによるものです。なかでも、骨形成時には、細胞が傷口を修復しようと集中するため、痛みや腫れが起こりやすくなります。
また、仮歯が緩んだ場合、予想以上の力がかかり、インプラントが骨にしっかり固定されずに緩むことがあり、これが痛みの原因となることがあります。
仮歯期間は、数ヶ月~半年程度が目安とされますが、具体的な期間は歯科医師の評価に基づき決定されます。
治療を順調に進めるためにも、細心の注意を払うことが必要です。
オールオン4手術後の痛みの原因を教えてください
オールオン4手術後の痛みの原因は、手術による組織の損傷、骨とインプラントの統合過程、または仮歯の適合不良によるものです。
組織の回復過程で生じる炎症や腫れは、痛みの主な原因となります。

また、インプラントと骨の統合は時間を要し、この過程で痛みや不快感が生じることがあります。痛みが出ている場合は、我慢をせずに、歯科医師から処方されている痛み止めの薬を服用しましょう。
ただし、薬の種類や服用量は個人の状態や痛みの度合いによって異なるため、歯科医師の指示に従い適切に服用するようにしましょう。

オールオン4治療するうえでの悩み

オールオン4治療するうえでの悩み

オールオン4手術後に起こりやすいトラブルについて教えてください
オールオン4手術後に起こりやすいトラブルには、インプラントの周りの感染、インプラントの緩みや失敗、仮歯や永久歯の破損、そして顎の骨への適合問題があります。
これらのトラブルは、適切な手術技術、綿密な計画、そして手術後の正確なケアとメンテナンスによって抑えることが可能とされています。

また、オールオン4手術は自由診療となり、健康保険の適用外です。

仮歯期間に気を付けることを教えてください
仮歯期間には、仮歯の扱いに特に注意が必要です。
仮歯は永久歯よりも脆いため、硬い食べ物を避け、仮歯に過度な力が加わらないようにする必要があります。
また、日々のオーラルケアを丁寧に行い、定期的な歯科診察を受けることで、インプラント周囲の健康を維持し、問題が早期に発見されるようにしましょう。

日々のオーラルケアというのは、歯磨きを少なくとも1日2回、朝と就寝前に行うこと、フロスまたは歯間ブラシを使用して歯間のプラークを除去すること、そして定期的に歯科医師のチェックを受けることが含まれます。
正しい歯磨き方法を用い、適切な歯磨き粉を選ぶことも大切です。
これらの習慣は、むし歯や歯周病を防ぎ、全体的な口腔健康の維持につながります。

オールオン4手術後の痛みを軽減するためにできることを教えてください
オールオン4手術後の痛みを軽減するためには、処方された痛み止めを適切に使用する、冷却パックを使用して腫れを抑える、柔らかい食事をとることで噛む力を減らす、そして口腔内を清潔に保つことが良いといわれています。

柔らかい食事とは、消化しやすく、噛む力をあまり必要としない食品です。
例えば、スープ、ヨーグルト、プリン、スムージー、マッシュポテトなどが含まれます。

これらの対策は、手術後の回復期間中における快適さを高め、合併症(インプラントの失敗、感染、顎骨の不十分な統合、仮歯や永久歯の破損、周囲の組織や神経への損傷など)のリスク低減につながります。

オールオン4治療の痛みの予防法

オールオン4治療の痛みの予防法

オールオン4手術後に気を付けることを教えてください
オールオン4手術を受けた後は、装着したインプラントと周囲の口腔健康を守るため、日常的なケアと、定期的な歯科医院での専門ケアが重要になります。
手術後は、インプラントの固定と長期的な機能維持のために、過度な力がかかる食事は避け、柔らかい食材を中心にした食生活を心がけましょう。
また、インプラント周囲炎のリスクを減らすため、日々の口腔内清掃は丁寧に行い、インプラントを支える歯茎の周囲は細菌の蓄積を防ぐために、細心の注意を払ってください。
さらに、3ヶ月~半年ごとの歯科受診では、専門的なクリーニングとインプラントの状態チェックを受けましょう。
痛みを軽減するために歯科医院選びで見るべきポイントを教えてください
痛みを軽減するための歯科医院選びでは、静脈内鎮静法を提供するかどうか、手術経験と成功症例、患者さんへの説明とコミュニケーションの丁寧さ、そしてアフターケアの質を見るべきです。

アフターケアの質とは、手術後のフォローアップ、痛みや合併症の管理、定期的な検査やクリーニング、そして必要に応じた追加治療の提供など、患者さんが手術後も継続的にサポートとケアを受けられる体制のことです。

編集部まとめ

編集部まとめ

ここまで、オールオン4治療に関連する痛みについてお伝えしてきました。
オールオン4治療に関連する痛みについて、要点をまとめると以下の通りです。

  • 術後に起こりやすいトラブルには、インプラントの周りの感染、インプラントの緩みや失敗、仮歯や永久歯の破損、そして顎の骨への適合問題がある
  • 術後には、日々の口腔ケアを念入りに行い、定期的な歯科訪問が必要

オールオン4治療のメリットには、短期間での治療完了、少ない手術で全顎の歯を補綴できること、および自然な見た目と感覚の回復があります。
しかし、デメリットとしては、高い治療費、手術後に発生する可能性のある感染リスク、およびインプラントの失敗などが挙げられます。
これらのメリットとデメリットを理解し、自分の状況にベストな治療法を選択することが重要です。

これらの情報が、少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事の監修歯科医師
宮島 悠旗医師(宮島悠旗ブライトオーソドンティクス)

宮島 悠旗医師(宮島悠旗ブライトオーソドンティクス)

愛知学院大学歯学部卒業 / 東京歯科大学千葉病院にて臨床研修医終了 / 東北大学大学院歯学研究科口腔発育学口座顎口腔矯正学分野 助教 / 宮島悠旗ブライトオーソドンティクス起業 / 著書「国際人になりたければ英語力より歯を“磨け”-世界で活躍する人の『デンタルケア』-」(幻冬舎)出版 / 合同会社T&Y Connection設立 / ASIA GOLDEN STARAWARD(企業家賞)受賞 / 著書「歯並び美人で充実人生-幸せを呼ぶゴールデンスマイル-」(合同フォレスト)出版 / 株式会社オーティカインターナショナル認定講師 / 現在は宮島悠旗ブライトオーソドンティクス代表としてフリーランス矯正歯科医を行っている / 専門は矯正歯科(Invisalign®︎、小児矯正、Myobrace®︎、マルチブラケット、アンカースクリュー、PBMオルソ(光加速矯正装置))

記事をもっと見る
  • この記事の監修医師
  • 他の監修記事
宮島 悠旗医師(宮島悠旗ブライトオーソドンティクス)

愛知学院大学歯学部卒業 / 東京歯科大学千葉病院にて臨床研修医終了 / 東北大学大学院歯学研究科口腔発育学口座顎口腔矯正学分野 助教 / 宮島悠旗ブライトオーソドンティクス起業 / 著書「国際人になりたければ英語力より歯を“磨け”-世界で活躍する人の『デンタルケア』-」(幻冬舎)出版 / 合同会社T&Y Connection設立 / ASIA GOLDEN STARAWARD(企業家賞)受賞 / 著書「歯並び美人で充実人生-幸せを呼ぶゴールデンスマイル-」(合同フォレスト)出版 / 株式会社オーティカインターナショナル認定講師 / 現在は宮島悠旗ブライトオーソドンティクス代表としてフリーランス矯正歯科医を行っている / 専門は矯正歯科(Invisalign®︎、小児矯正、Myobrace®︎、マルチブラケット、アンカースクリュー、PBMオルソ(光加速矯正装置))

  1. オールオン4治療はどのような手順で行われる?オールオン4治療後に気を付けるポイントを併せて解説

  2. インプラントの土台は何を選べばよい?形状や素材についてもまとめました

  3. インプラント磁石(マグネット)固定の費用やメリット・デメリットを徹底解説!

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

電話コンシェルジュで地域の名医を紹介します。

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-022-340