インプラント

インプラントで全部の歯を入れ替えた場合の費用はどのくらい?費用を抑える方法はあるかなどを解説

インプラントで全部の歯を入れ替えた場合の費用はどのくらい?費用を抑える方法はあるかなどを解説

インプラント治療は、歯を1本失ったケースのみでしか適応できないというものではありません。2~3本はもちろんのこと、全部の歯を失ったケースでも治療は可能です。この点は喪失歯が1~2本の場合に適応しやすいブリッジとの大きな違いといえるでしょう。ただ、インプラント治療は原則として自費診療となるため、全部の歯を入れ替えた場合の費用はかなり高額になる点に注意が必要です。ここではそんなインプラントで全部の歯を入れ替えた場合の費用相場や経済的負担を抑える方法について、詳しく解説をします。

インプラントで全部の歯を入れ替えた場合の費用は?

全部の歯をインプラントで入れ替えた場合の費用は、治療する歯の本数によって変わってきます。ですから、インプラント1本あたりの費用がわかれば、自ずと全部の歯を治療する場合の値段も見えてくることでしょう。

インプラント1本あたりの相場はどれくらい?
インプラント1本あたりの費用相場は、30万~50万円程度となっています。この費用には、カウンセリングや検査・診断料、手術料、人工歯である上部構造の費用まで含まれています。冒頭でも述べたように、インプラントは原則自費診療となることから1本あたりの費用相場にも大きな開きがあります。

さて、ここから全部の歯をインプラントで入れ替えた場合の費用を計算してみましょう。インプラント1本あたり30万~50万円程度ということは、片側の顎で10本の歯を治療する前提だと、総額300万~500万円程度の費用がかかることになります。両側の顎を同様の方法でインプラント治療した場合は、総額600万~1000万円程度かかるのが一般的です。こうした金額を目にすると、改めて天然歯の重要性を実感することかと思います。

ただし、上下の歯を合計20本すべてインプラントで治療するケースというのは極めて稀です。現在では、後段でも説明する「オールオン4」という治療が普及しているため、全ての歯を失ったケースでも、標準的なインプラント治療より安く治すことが可能となっています。

前歯と奥歯で費用は変わる?
一般的なインプラント治療では、奥歯よりも前歯の費用が高くなる傾向にあります。それは前歯の方が高い審美性を求められる部位だからです。例えば、被せ物の中でも天然歯に近い見た目を再現できるジルコニアボンドは、その他の被せ物より数万円ほど高くなることがあります。また、前歯の骨はもともと薄く、加齢に伴って痩せやすいこともあり、骨造成などの特別な処置を併用するケースも珍しくないのです。そうした場合は、さらに費用が高くなります。

インプラントで全部の歯を入れ替えた場合の費用が高くなる理由

全部の歯を標準的なインプラントで治療した場合は、片側の顎だけで300万~500万円程度の費用がかかります。この金額だとちょっとした高級車が買えてしまうくらいです。もちろん、インプラントは人工臓器の一種ともいえる装置であり、自動車と並べて考えること自体間違っているのですが、それでもやはり費用が高額になる理由を知りたいものですよね。

費用が高くなる理由は?
インプラントの費用が高くなる理由としては、第一に保険適用外である点が挙げられます。保険内で治療が受けられれば、支払う費用も1~3割となります。例えば、インプラントで片側の歯を全部治療した場合は、3割負担で100万円程度にまで費用を抑えられるのです。ただ、国民の医療費が増加する中、高額なインプラント治療に保険が適用される可能性はあまり高くはないため、その点は諦めるしかないといえます。その他インプラント治療の費用が高くなる理由としては、以下の3点が挙げられます。

・インプラントそのものが高い
インプラント治療のかなめとなる人工歯根(=インプラント体)は、1本あたり数万円します。長期間の安定や生体との親和性を高めるために、さまざまな技術を用いてインプラント体はつくられており、安価では販売できません。

・検査や前処理に費用がかかる
比較的軽度の虫歯治療は、お口の中を診査してすぐに始めることができます。場合によってはレントゲン撮影さえも行わずに歯を削り、コンポジットレジンを詰めて治療が完了します。インプラントの場合は、そのような手順で治療することは不可能です。そもそも検査だけで1回の診療が終わりますし、費用も数万円かかります。インプラントを埋め込む予定の周りの組織に、歯周病や骨不足などの問題がある場合は、それらを改善する前処理が必要となります。とくに不足している骨を補う骨造成は、十数万円の費用がかかることも珍しくないのです。

・設備に費用がかかっている
インプラント治療を適切な方法で実施するためには、さまざまな設備投資が必要となります。具体的には、歯科用CT、インプラント専用のシミュレーションソフト、衛生管理を徹底できる診療室、特殊な診療器具などです。これらには高額なコストがかかっているため、治療にかかる費用も自ずと高くなるのです。

インプラントで全部の歯を入れ替えた場合の費用を抑える方法はあるか

保険適用はできる?
インプラントには、原則として保険が適用されません。国が定めている条件を満たした場合には、インプラント治療を保険内で受けることが可能となりますが、あくまで例外です。重篤な先天性の病気を患っていたり、深刻な交通事故にあったりした場合でない限り自費診療となるため、保険診療という選択肢は始めから除外しておいた方がよいといえます。
費用は医療費控除の対象になる?
インプラント治療にかかった費用は、医療費控除の対象となります。インプラントは1本あたり30万~50万円程度の費用がかかる治療なので、ほぼすべてのケースで申請対象となることでしょう。ですから、インプラント治療を受けた方は、忘れずに医療費控除の申請を行うようにしましょう。
医療控除の方法は?
医療費控除は、確定申告の際に申請します。インプラント治療で支払った費用の領収書は、捨てずにきちんと保管しておいてください。医療費控除の明細書を作成する際に必要となります。ちなみに、インプラント治療では手術費だけでなく、検査・診断料、上部構造の費用、通院の際にかかった交通費まで医療費控除の対象となります。
インプラント以外の代替手段はある?
インプラント治療の一種である「オールオン4」なら費用を大きく抑えることが可能です。オールオン4とは、4本のインプラントを顎の骨に埋め込んで、総入れ歯の形をした上部構造を装着する治療法です。一般的な総入れ歯とは異なり人工歯根があることから、安定性が極めて高いです。見た目も良く、硬いものでもしっかり噛める装置となっています。

・オールオン4の費用相場
全部の歯をオールオン4で治療した場合は、片顎あたり200万~250万円程度が全国的な費用相場となっています。標準的なインプラントですべての歯を治療した場合は、片顎あたり300万~500万円程度かかることを考えると、かなり安いといえます。ケースによってはインプラント治療にかかる費用を半額程度まで抑えられるのです。しかも、インプラントを埋め込む本数が少ないため、心身にかかる負担も軽減できます。

編集部まとめ

今回は、インプラントで全部の歯を入れ替えた場合の費用について解説しました。歯が1本もない状態で通常のインプラント治療を行うと、高級車が1台買えるほどの費用がかかりますが、オールオン4ならその半額程度まで経済的負担を抑えられます。医療費控除を利用すれば、さらに少ない負担で全部の歯をインプラントで治療できることでしょう。全部の歯をインプラント治療する場合は、オールオン4のような代替手段もあります。このことも考慮に入れつつご自身で検討されると良いでしょう。

参考文献

この記事の監修歯科医師
遠藤 眞次医師(グランメゾンデンタルクリニック)

遠藤 眞次医師(グランメゾンデンタルクリニック)

長崎大学歯学部を卒業後、東京と群馬の歯科医院で分院長を歴任。臨床のかたわら、歯周治療やインプラント治療についての臨床教育を行う「Dentcation」の代表を務める。他にも、歯科治療のデジタル化に力を入れており、デジタルデンチャーを中心に、歯科審美学会やデジタル歯科学会等で精力的に発表を行っている。

記事をもっと見る
  • この記事の監修医師
  • 他の監修記事
遠藤 眞次医師(グランメゾンデンタルクリニック)

長崎大学歯学部を卒業後、東京と群馬の歯科医院で分院長を歴任。臨床のかたわら、歯周治療やインプラント治療についての臨床教育を行う「Dentcation」の代表を務める。他にも、歯科治療のデジタル化に力を入れており、デジタルデンチャーを中心に、歯科審美学会やデジタル歯科学会等で精力的に発表を行っている。

  1. 差し歯で前歯は治療できる?治療できないケースや他の治療方法も解説!

  2. 差し歯の寿命は意外と短い?知っておくべきポイントや寿命を延ばす方法をまとめました

  3. 差し歯の費用は高いって本当?種類や治療費をわかりやすく解説

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

電話コンシェルジュで地域の名医を紹介します。

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-022-340