インプラント

インプラントの奥歯1本の費用はいくら?他の歯の場合と比較して解説!

インプラントの奥歯1本の費用はいくら?他の歯の場合と比較して解説!

奥歯というのは、いろいろな理由で失いやすい歯です。それは奥歯が虫歯や歯周病を重症化させやすい歯だからでしょう。そんな奥歯を失った場合の治療法としてインプラントを検討中の人は、1本あたりの費用が気になるところですよね。

インプラントは比較的高額な費用がかかる治療法として有名であり、なおかつ奥歯の治療となると相場も高くなりそうで不安に感じている方も少なくないことでしょう。

ここではそんなインプラントの奥歯1本の費用相場とメリット・デメリット、その他の歯のインプラント治療との比較などを詳しく解説します。

インプラントを奥歯に1本入れた時の費用相場

インプラントを奥歯に1本入れた時の費用相場

奥歯1本あたりのインプラントの費用はどのくらいですか?
奥歯1本をインプラントで治療する場合の費用は、30~50万円程度が全国的な相場となっています。内訳を細かく説明すると、検査・診断に1万5千~5万円程度、手術費用に20~30万円程度、被せ物である上部構造の製作・装着費用として10~20万円程度となっています。

最も高い費用がかかるのはやはりインプラントの手術費用なのです。ちなみに、インプラントの手術費用にはチタン製の人工歯根本体の値段も含まれています。

他の歯のインプラントの費用はどのくらいですか?
前歯1本をインプラントで治療する場合は、奥歯より数万円程度高くなることがあります。奥歯1本のインプラントより少し高いのは、より審美的な上部構造を使用したり、骨造成などの外科処置が必要となりやすかったりするためです。前歯は高い審美性が求められる部位なので、自然な歯を再現するためにジルコニアボンドを選択する人もいます。また、前歯の顎の骨はもともと薄く、骨が不足しがちであることから、再生療法などを追加で行うケースが多いのです。

次に、すべての歯をインプラントで治療した場合の費用ですが、これは「オールオン4」という施術法を選択することで比較的安く抑えられます。オールオン4は、4本のインプラントを埋め込んで総入れ歯の形をした上部構造を支えるタイプの治療法で、全国的な相場は200~250万円程度となっています。奥歯1本をインプラント治療する場合と比較すると当然、高額に感じられますが、失った歯を1本1本インプラントで回復させる場合と比較すると、数百万円の節約となります。

インプラントによる奥歯1本の治療について

インプラントによる奥歯1本の治療について

奥歯のインプラント治療のメリットを教えてください。
失った奥歯の治療法としては、入れ歯とブリッジという選択肢もありますが、インプラントを選択することで、以下のようなメリットが得られます。

隣接した歯にダメージを与える心配がない
失った奥歯をブリッジで治療する場合は、隣り合った歯を少なくとも2本は大きく削らなければなりません。歯を切削する処置となるため、支える歯の寿命が縮まる可能性があります。入れ歯に関しても、クラスプやレストといったパーツを当てる部分は、天然歯を削る場合があります。インプラントは、顎の骨に埋め込む人工歯根が支えとなるため、隣接した歯にダメージを与える必要がないのです。

噛む感覚が天然の歯に近い
インプラントは、天然歯と似た構造をしています。顎の骨に埋入された人工歯根と歯の頭の部分を構成する上部構造。その構造のおかけで食べ物を噛む時の感覚は天然歯に近くなっています。噛み合わせのストレスがなくなり、硬い食べ物も気にせず食べられます。

歯がなくなった事での健康への心配がなくなる
奥歯が1本なくなることは、皆さんが想像している以上にデメリットが大きいです。奥歯は噛む機能の主体となる歯なので、1本でもなくなると咬みにくいと感じる人もいます。噛んだ時の圧力は残った歯で支えなければならず、残存歯の寿命が縮まるというデメリットも生じます。さらには、歯を失った部分の骨が痩せていくことで、お口全体の健康にも深刻な悪影響を及ぼすのです。人工歯根があるインプラントなら、そうした歯がなくなったことでの健康への心配を払拭することができます。

奥歯のインプラント治療のデメリットを教えてください。
奥歯のインプラント治療には、費用や治療期間の面で以下のようなデメリットを伴います。

保険適用外のため費用がかかる
奥歯をインプラントで治療する場合は、原則として保険が適用されません。治療にかかる費用は全額自己負担となることから、奥歯1本のインプラントであっても30~50万円程度の費用がかかります。ちなみに、奥歯1本をブリッジで治療した場合は、保険診療で2万円程度です。その価格差を考えると、経済面においてインプラントはデメリットが大きい治療法といえるでしょう。

治療期間が長い
奥歯1本のインプラント治療には、3ヶ月から1年程度の治療期間がかかることが一般的です。それはチタン製の人工歯根と顎の骨との結合(=オッセオインテグレーション)に数ヵ月を要するからです。オッセオインテグレーションが達成されるまでの間は頻繁に通う必要がないため、通院回数が極端に多くなることはありません。ただ、それでも1~2ヵ月で治療が完結するブリッジや入れ歯治療と比べた場合は、どうしても長いと感じるのが本音でしょう。

骨造成が必要なケースは時間や費用がかさむ
奥歯1本のインプラント治療で顎の骨が不足している場合は、骨造成(こつぞうせい)という骨の再生を試みる処置が必要となります。骨造成を行ったケースでは、治療期間が長くなるだけでなく、費用もその分、高くなります。そうした身体的、経済的負担が大きくなりやすいのも奥歯のインプラント治療のデメリットといえるでしょう。

インプラントによる奥歯1本の治療にかかる費用を抑える方法

インプラントによる奥歯1本の治療にかかる費用を抑える方法

奥歯のインプラント治療の費用を抑える方法はありますか?
奥歯のインプラントは保険が適用されないことから、治療にかかる費用を大幅に減らすことは困難です。ただ、次の方法によってインプラント治療にかかる費用を抑えることが可能です。

医療費控除を申請する
奥歯1本をインプラントで治療した場合の費用は、ほとんどのケースで医療費控除の対象となります。上でも述べたように、奥歯1本のインプラント治療の費用は、30~50万円が相場となっているからです。医療費控除は、1年に支払った医療費の総額が10万円を超えた場合に税金の控除等が受けられる制度なので、奥歯1本でもインプラントを埋め込んだ場合は申請が可能となるのです。

ちなみに、医療費控除の対象となるのはカウンセリング料やインプラント手術料、上部構造の製作費用だけではなく、通院の際にかかった交通費、治療期間中に服用した薬剤の費用なども含まれますので、確定申告の際に忘れずに申請しましょう。

デンタルローンを利用する
これは奥歯のインプラント治療の費用を直接的に抑える方法ではありませんが、一括払いを回避する上では有用です。奥歯をインプラントで治療したいけれど、1度に30~50万円の費用は払えない。一括払いをするだけの預金はあるけれど、できれば数年かけて少しずつ支払っていきたい。そんな方は奥歯のインプラント治療でデンタルローンを活用しましょう。

デンタルローンは、一般的なフリーローンよりも審査が通りやすく、金利も低く設定されています。多くの金融機関では、金利を5%程度に設定しているのが現状です。それだけ金利が低いのであれば、80回払いなど数年に及ぶ分割プランを選択しても経済的な負担が膨れ上がるようなこともなくなります。奥歯のインプラント治療を月々数千円から数万円の支払いで受けられることは、極めて大きなメリットといえます。

編集部まとめ

編集部まとめ このように、奥歯1本をインプラントで治療する場合は、30~50万円程度の費用がかかります。高い審美性が要求される前歯1本のインプラントよりはやや低い値段とはなっていますが、それでも高額ですよね。

それでも失った奥歯をインプラントで治療すると、隣接した歯にダメージを与える心配がない、歯がなくなったことでの不安が解消される、噛み合わせのストレスがなくなるといったメリットが得られるため、安易に保険診療のブリッジや入れ歯を選択するのも賢明ではないといえます。

そんな奥歯1本のインプラント治療の費用がネックとなっている場合は、医療費控除やデンタルローンの活用まで視野に入れた上で、改めて検討してみてはいかがでしょうか。インプラント治療は高額な費用がかかりますが、必ずしも一括で数十万円を支払う必要もないのです。

参考文献

この記事の監修歯科医師
遠藤 眞次医師(グランメゾンデンタルクリニック)

遠藤 眞次医師(グランメゾンデンタルクリニック)

長崎大学歯学部を卒業後、東京と群馬の歯科医院で分院長を歴任。臨床のかたわら、歯周治療やインプラント治療についての臨床教育を行う「Dentcation」の代表を務める。他にも、歯科治療のデジタル化に力を入れており、デジタルデンチャーを中心に、歯科審美学会やデジタル歯科学会等で精力的に発表を行っている。

記事をもっと見る
  • この記事の監修医師
  • 他の監修記事
遠藤 眞次医師(グランメゾンデンタルクリニック)

長崎大学歯学部を卒業後、東京と群馬の歯科医院で分院長を歴任。臨床のかたわら、歯周治療やインプラント治療についての臨床教育を行う「Dentcation」の代表を務める。他にも、歯科治療のデジタル化に力を入れており、デジタルデンチャーを中心に、歯科審美学会やデジタル歯科学会等で精力的に発表を行っている。

  1. すべての歯を失った場合のインプラント・総入れ歯の治療費用|治療方法の特徴についても解説

  2. インプラントした前歯は10年後どうなってる?生存率や長持ちさせる方法などを解説

  3. デンタルインプラントの材質とは?基本構造や材質が多様な理由など徹底解説!

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

電話コンシェルジュで地域の名医を紹介します。

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-022-340