インプラント

差し歯で前歯は治療できる?治療できないケースや他の治療方法も解説!

差し歯で前歯は治療できる?治療できないケースや他の治療方法も解説!

前歯は、歯の中でも目立ちやすい部位なので、歯科治療には細心の注意を払う必要があります。とくに差し歯のような大きな装置を入れる際には、いくつか知っておくべきポイントがあるのです。ここではそんな差し歯で前歯を治療する方法や差し歯では治療できない場合の対処法について詳しく解説します。

差し歯で前歯を治療する方法

差し歯の治療とはどのようなものですか?
差し歯とは、むし歯や外傷によって歯の大部分が失われて歯根だけになった歯を回復するために、土台としてレジンコアやファイバーポストなどで支台築造を行った後、クラウンによって補綴された歯のことをいいます。歯に土台を差すことから、差し歯と呼ばれています。
差し歯の種類にはどのようなものがありますか?
差し歯の種類は、保険診療と自由診療で異なります。

【保険診療の差し歯】

・銀歯
保険診療の差し歯で昔からあるのは「銀歯」です。金銀パラジウム合金で作られた銀歯は、歯冠部を大きく損傷したケースにも適応可能です。金属色がむき出しとなっている、金属アレルギーのリスクがある、メタルタトゥーのリスクがある、むし歯の再発リスクが高い、といったデメリットを伴うものの、費用が安い、丈夫で壊れにくいというメリットも得られる差し歯となっています。近年は、銀歯のデメリットの方が注目されるようになり、差し歯の治療では銀歯以外を希望される方が増えてきています。

・硬質レジン前装冠(こうしつれじんぜんそうかん)
表側をレジンで覆った銀歯です。表側からは白い歯に見えるため、前歯の差し歯の治療にも問題なく使えます。その他の特徴は、基本的に銀歯と同じです。

・CAD/CAM冠(きゃどきゃむかん)
CAD/CAM冠は、ハイブリッドセラミックを使った差し歯です。保険診療で使えるハイブリッドセラミックは、どちらかというとプラスチックに近いことから、経年的な変色や摩耗が起こります。差し歯の設計から製作までをコンピューター制御で行える点が従来の差し歯治療との大きな違いです。現状は前歯だけでなく、小臼歯や大臼歯までほとんどの部位に保険のCAD/CAM冠を入れることが可能です。

【自由診療の差し歯】

・オールセラミッククラウン
天然歯の色調や光沢、透明感を忠実に再現できる差し歯です。前歯の差し歯治療に適した材料といえます。ただし、強い衝撃が加わると割れる場合があります。

・ジルコニアセラミッククラウン
割れやすいというオールセラミックの弱点を克服した材料です。前歯の差し歯治療に使うこともありますが、基本的には強い強度が求められる奥歯の差し歯治療に適しています。

・ゴールドクラウン
歯質と柔軟に適合するゴールド(金)を使った差し歯です。むし歯の再発リスクが低くなっています。見た目の問題から前歯の差し歯治療でゴールドクラウンを選択するケースは稀といえるでしょう。

・メタルボンドクラウン
土台を金属でつくり、表側をセラミックで覆った差し歯です。金属とセラミックの両方のメリットを享受できる差し歯です。同時に、両方のデメリットを伴う点にも注意が必要です。

差し歯の寿命はどのくらいですか?
保険の差し歯の10年生存率は50%程度とされているデータも存在します。つまり10年後には半数の差し歯が寿命を迎えているということです。セルフケアとプロフェッショナルケアを両立させることで、差し歯の寿命を延ばすことが可能です。

差し歯で前歯を治療できないケース

前歯を差し歯で治療できないケースにはどのようなものがありますか?
歯冠の部分が完全に崩壊して、歯根の状態も悪くなっているようなケースでは、前歯に差し歯を入れることは難しいです。歯根がしっかりとしている歯でないと、差し歯を適用することはできないからです。
前歯を差し歯で治療できないケースにはどのような治療方法がありますか?
前歯を差し歯で治療できないケースは、失った歯を補う「欠損補綴治療(けっそんほてつちりょう)」を行うことになります。現状、欠損補綴治療には以下の3つがあります。

・ブリッジ
失った前歯の両隣の歯を支えとする装置です。ブリッジという名前の通り、欠損部に橋を架けるような形で装置を装着します。固定式の装置なので安定性が高く、比較的噛みやすいといえます。部分入れ歯のようなクラスプや床といったパーツが付随しておらず、見た目もシンプルです。ただし、支えとなる歯を少なくとも2本は大きく削らなければなりません。失った歯が中切歯(ちゅうせっし)の場合は、もう1本の中切歯と側切歯を犠牲にすることになるため、治療に伴うデメリットもそれなりに大きくなります。

・インプラント
失った前歯を歯根から回復できる装置です。フィクスチャーと呼ばれるチタン製の人工歯根を顎の骨に埋め込み、アバットメントという連結装置を介して人工歯を装着します。人工歯はいわゆる差し歯にあたります。インプラントには人工歯根があることから、保険治療のブリッジや入れ歯よりも審美性・機能性・耐久性に優れた治療法といえるでしょう。失った前歯の顎の骨が痩せにくいというメリットも得られます。インプラントのデメリットとしては、外科手術が必要、保険が適用されない、顎の骨の状態が悪いと追加の処置が必要となる、といった点が挙げられます。

・部分入れ歯
部分入れ歯は、人工歯と義歯床(ぎししょう)、金属製のクラスプから構成される装置です。失った前歯の部分に人工歯を配置して、残った歯に金属製のクラスプを引っ掛ける形で装着します。着脱式である点は、ブリッジ・インプラントとの大きな違いです。患者さんが自由に取り外せるため、お手入れしやすくはあるのですが、食事や会話の際に装置がずれることが多くなっています。見た目もあまり良くないのが部分入れ歯のデメリットです。

差し歯で前歯を治療する際の費用について

差し歯で前歯を治療する際の費用について

差し歯を前歯にする治療には保険が効きますか?
前歯の差し歯治療には、基本的に保険が適用されます。ただし、保険診療で選択できる差し歯は、銀歯・硬質レジン前装冠・CAD/CAM冠に限られます。CAD/CAM冠に関しては、保険適用の条件が細かく決められているため、事前にきちんと確認しておくことが大切です。
保険診療の場合、前歯の差し歯は一本いくらぐらいになりますか?
保険で前歯の差し歯治療を行う場合は、一本あたり5000~8000円程度の費用がかかります。この金額は3割負担の場合です。
自由診療の場合、前歯の差し歯は一本いくらぐらいになりますか?
自費で前歯の差し歯治療を行う場合は、一本あたり5万~20万円程度の費用がかかります。ハイブリッドセラミックは比較的安く、オールセラミックは治療にかかる費用が高額になる傾向にあります。

前歯の差し歯とインプラントの違い

前歯の差し歯とインプラントの違い

差し歯とインプラントの違いはなんですか
差し歯とインプラントは、構造や治療方法が異なります。インプラントは歯の歯根まで失ってしまった際に人工の歯で補う治療法で、差し歯は歯根が残っている場合に歯に土台を立てたうえでクラウンを被せる治療法です。
差し歯よりもインプラントで治療した方が良いケースを教えてください。
歯の頭の部分がボロボロで、歯根の状態もあまり良くない場合は、抜歯をした上でインプラントを埋め込んだ方が良いでしょう。そうしたケースで無理に差し歯治療を行うと、差し歯の生存率を下げてしまうことになります。もうすでに歯を歯根まで失っているケースには、差し歯を適応することができませんので、必然的にインプラントを始めとした補綴治療を選択することになります。

編集部まとめ

今回は、差し歯で前歯を治療する方法と治療できないケースへの対処法を解説しました。差し歯は健全な歯根が残っていなければ装着することができません。歯冠だけでなく、歯根までボロボロになっているケースでは、抜歯をしてインプラント治療などを受けた方が良いといえます。前歯を差し歯で治療できる場合は、保険診療で5000~8000円程度、自由診療では5万~20万円程度の費用がかかります。前歯の差し歯治療の方法で迷った場合は、まず歯科医院に相談するようにしましょう。それぞれの差し歯の特徴を理解した上で、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

参考文献

この記事の監修歯科医師
遠藤 眞次医師(グランメゾンデンタルクリニック)

遠藤 眞次医師(グランメゾンデンタルクリニック)

長崎大学歯学部を卒業後、東京と群馬の歯科医院で分院長を歴任。臨床のかたわら、歯周治療やインプラント治療についての臨床教育を行う「Dentcation」の代表を務める。他にも、歯科治療のデジタル化に力を入れており、デジタルデンチャーを中心に、歯科審美学会やデジタル歯科学会等で精力的に発表を行っている。

記事をもっと見る
  • この記事の監修医師
  • 他の監修記事
遠藤 眞次医師(グランメゾンデンタルクリニック)

長崎大学歯学部を卒業後、東京と群馬の歯科医院で分院長を歴任。臨床のかたわら、歯周治療やインプラント治療についての臨床教育を行う「Dentcation」の代表を務める。他にも、歯科治療のデジタル化に力を入れており、デジタルデンチャーを中心に、歯科審美学会やデジタル歯科学会等で精力的に発表を行っている。

  1. オールオン4とオーバーデンチャーの違いとは?それぞれの仕組みやメリット・デメリットなど徹底解説!

  2. 高血圧の人はインプラント治療を受けられる?リスクについても解説

  3. インプラント治療の後遺症や合併症など手術後のリスクを紹介

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

電話コンシェルジュで地域の名医を紹介します。

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-022-340