インプラント

歯がないとどうなる?歯がない場合の治療法について徹底解説!

歯がない どうなる

歯がないとどうなるのかを知っていますか?本記事では、歯がない場合の治療法について以下の点を中心にご紹介します。

  • 歯がないことで起こる悪影響とは
  • 歯がない人におすすめのインプラントについて
  • インプラント手術について

歯がないとどうなるのかについて理解するためにもご参考いただけますと幸いです。ぜひ最後までお読みください。

歯がないとどうなるのか

歯がないとどうなるのか

歯がないまま放置するとどのような悪影響が生じますか?
歯がないまま放置すると、いくつかの悪影響が生じます。

前後の歯が倒れてくる: 抜けた前後の歯が倒れて、スペースに隙間ができます。倒れた歯の隙間には汚れがたまり、むし歯や歯周病のリスクが高まります。かみ合わせも崩れ、口腔機能にも影響を及ぼします。
噛み合う歯が伸びてくる: 抜けた上下の歯が伸び、噛み合う歯とのバランスが崩れます。これにより、顎全体のバランスが乱れ、咀嚼に問題が生じる可能性があります。

治療を遅らせると、後の治療がより複雑になる可能性があります。適切な治療を早めに行うことで、余計な歯の切削や根管治療を防げます。ブリッジ治療やインプラント、入れ歯を行う場合も、放置した結果の問題を解決するために歯を削る必要が出てくる場合があります。
早めに歯科医に相談し、適切な治療を受けることで、残された歯を大切に保ちながら、健康な口腔環境を維持することが大切です。

放置期間が長いと受けられない治療はありますか?
歯がなくなった後の放置期間が長いと受けられない治療があります。歯が抜けると、隣の歯や噛み合う歯が倒れたり伸びたりすることで、かみ合わせや口腔のバランスが崩れます。その結果、治療を行う際にスペース確保のために歯を削ったり、噛み合わせを調整したりする必要が生じる可能性があります。
さらに、歯がないと顎の骨に噛む刺激が伝わらず、顎の骨が衰えていきます。この骨の吸収が進行すると、のちにインプラント治療を受けたいと思っても、顎の骨が十分になくなり、インプラントができなくなることもあります。
放置期間が長いと、これらの影響が治療を複雑化させるばかりでなく、受けられる治療の選択肢を制限してしまう可能性があるため、歯の問題を放置せずに早めに歯科医に相談し、適切な治療を受けることが重要です。

歯がない人におすすめなインプラント

歯がない人におすすめなインプラント

なぜインプラント治療がおすすめなのですか?
インプラントは、歯を失った箇所に人工の歯の根っこ(チタン製)を埋め、その上に人工の歯を取り付ける治療方法です。以下で解説していきます。

自然な見た目:天然の歯とほぼ同じ自然な見た目になります。
健康な歯を傷つけない:周りの健康な歯を傷つけることなく、抜けた部分のみに施術を行います。
快適な咀嚼:食べ物の味覚や温度を楽しめ、天然の歯とほぼ同じように食べ物を噛めます。
持続性:定期的なメンテナンスを行うことで、インプラントを長期間使用できます。
かみ合わせの安定:他の歯とのかみ合わせが安定します。

インプラント治療により、発音の改善や審美性の改善も期待できます。歯が1本なくなるだけで生じる発音の問題も緩和されることで、機能的にも美的にも高い満足度が得られる治療法です。

インプラント治療の流れを教えてください。
インプラント治療の流れは以下の通りです。

カウンセリング・診査・治療計画:歯科医師とのカウンセリングを行い、お口の状態を詳しく診査します。歯科用CT撮影などの検査を行い、患者さんの要望や悩みをお聞きして治療計画を立案します。
1次手術:歯肉を切開し、顎の骨に穴を開けて、チタン製のインプラントを埋め込みます。埋め込まれたインプラントが骨と結合するまでの期間を待ちます。
2次手術:1次手術で埋入したインプラントを露出させます。歯肉を再び切開して、上部構造を取り付けるアバットメント(接合部分)を装着します。また、型を取り、上部構造を製作します。
上部構造を装着:最終的に完成した上部構造を装着します。インプラントはしっかりと骨に結合しているため、安定した噛み合わせと自然な見た目が得られます。

インプラント治療は、しっかりとした計画と手順が必要な高度な治療方法です。患者さんと歯科医師が密に連携し、希望に合った最適な治療を行います。

インプラントの治療期間はどれくらいかかりますか?
インプラントの治療期間は一般的に3ヵ月から1年程度が平均です。インプラント治療は、単純な歯の治療とは異なり、複数の段階を経て完了します。
インプラント治療は手順が複雑であり、個人の状態によって異なる場合があるため、治療期間には個別の要因も影響します。しかし、長期的な持続性と天然の歯に近い機能性を考慮すると、治療にかかる時間は十分に理解しておく必要があります。

インプラント手術について

インプラント手術について

インプラントの手術方法を教えてください。
インプラント手術は、失った歯の機能を取り戻すための外科手術です。治療方法には「一回法」と「二回法」があります。「二回法」の手術の流れは以下の通りです。

一次手術:まず、顎の骨にインプラントを埋入します。骨とインプラントが結合することをオッセオインテグレーションと呼びます。この期間は3ヵ月程度が一般的です。
二次手術:オッセオインテグレーションが完了した後、歯肉を再び切開して、インプラントを露出させます。その上にアバットメントと呼ばれる装置を取り付け、上部構造との接合を準備します。
最終的な上部構造の装着:アバットメントが装着されたインプラントの上に、最終的な上部構造(クラウン)を取り付けます。

治療期間はオッセオインテグレーションと上部構造の製作により3ヵ月から1年程度がかかることが一般的です。

インプラントの手術中痛みを感じることはありますか?
インプラント手術は基本的に局所麻酔を使用して行われるため、手術中に痛みを感じることはほとんどありません。ただし、麻酔の注射や抜糸時にわずかな痛みが生じる場合もあります。治療方法によって痛みの感じ方が異なるので、以下の点を考慮するとよいでしょう。

歯茎を移植する方法:歯茎が少ない場合に行われる手術で、歯茎を移植するために2カ所の傷ができることがあります。
骨造成手術:インプラント治療に必要な骨の厚みを補う手術で、インプラント手術よりも痛みが強く、腫れることもあります。
無切開無痛手術:メスを使用せずにインプラントを埋め込む手術法で、術後の痛みは小さいですが、全てのケースで適用できるわけではありません。

インプラント手術ができない人はいますか?
インプラント手術ができない人には以下のようなケースがあります。

骨の吸収が極度に進んでいる方:長期にわたり歯が抜けたまま放置していたために顎の骨が大幅に吸収されている場合は、インプラントを安定して埋めることが難しい場合があります。
重度の高血圧症、糖尿病、心臓病、脳梗塞、骨粗鬆症、腎臓病、肝臓病などの患者さん:これらの疾患を持つ患者さんは、インプラント手術によるリスクが高まる場合があるため、より詳しい検査と内科医や専門医との連携が必要となります。
喫煙者:喫煙により歯周組織に悪影響を及ぼすため、インプラント手術の成功率が低くなる可能性があります。
妊娠中の方:妊娠中は外科的処置を避ける必要があるため、インプラント手術は出産後に行うように検討しましょう。

これらのケースに該当する患者さんは、治療を担当する歯科医師と内科医との連携を重視し、トータルな判断をする必要があります。インプラント手術の前に、健康状態や骨の状態などを詳しく検査し、リスクを最小限に抑えながら治療を進めることが大切です。

編集部まとめ

編集部まとめ

ここまで歯がないとどうなるのかについてお伝えしてきました。歯がない場合の治療法についての要点をまとめると以下の通りです。

  • 歯をないまま放置していると、前後の歯が倒れたり噛み合う歯が伸びてきたりして、歯のバランスが崩れる
  • インプラントは天然の歯に一番近い構造を持っているので、発音や審美性の改善も期待できる
  • インプラント手術は基本的に局所麻酔を使用して行われるため、手術中に痛みを感じることはほとんどない

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事の監修歯科医師
遠藤 眞次医師(グランメゾンデンタルクリニック)

遠藤 眞次医師(グランメゾンデンタルクリニック)

長崎大学歯学部を卒業後、東京と群馬の歯科医院で分院長を歴任。臨床のかたわら、歯周治療やインプラント治療についての臨床教育を行う「Dentcation」の代表を務める。他にも、歯科治療のデジタル化に力を入れており、デジタルデンチャーを中心に、歯科審美学会やデジタル歯科学会等で精力的に発表を行っている。

記事をもっと見る
  • この記事の監修医師
  • 他の監修記事
遠藤 眞次医師(グランメゾンデンタルクリニック)

長崎大学歯学部を卒業後、東京と群馬の歯科医院で分院長を歴任。臨床のかたわら、歯周治療やインプラント治療についての臨床教育を行う「Dentcation」の代表を務める。他にも、歯科治療のデジタル化に力を入れており、デジタルデンチャーを中心に、歯科審美学会やデジタル歯科学会等で精力的に発表を行っている。

  1. すべての歯を失った場合のインプラント・総入れ歯の治療費用|治療方法の特徴についても解説

  2. インプラントした前歯は10年後どうなってる?生存率や長持ちさせる方法などを解説

  3. デンタルインプラントの材質とは?基本構造や材質が多様な理由など徹底解説!

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

電話コンシェルジュで地域の名医を紹介します。

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-022-340