インプラント

デンタルインプラントの痛みについて!痛みの種類や痛みを抑える方法を解説

デンタルインプラント 痛み

デンタルインプラントの痛みについて知っていますか?
本記事ではデンタルインプラントの痛みや痛みの種類について下記内容を中心に解説していきます。

  • 手術後の痛み・腫れはいつまで続くか
  • 手術後感染症のリスクはあるか
  • 手術後の痛みを抑える方法

デンタルインプラントの痛みについて理解するためにも参考にしてください。ぜひ最後までお読み下さい。

デンタルインプラントの手法別の痛み

骨を移植する方法では、どのような痛みがありますか?

骨移植は、デンタルインプラント治療において、患者の骨量が不足している場合に行われる手術です。この手術では、患者の体の他の部位から骨を採取し、インプラントが埋め込まれる場所に移植します。

手術後、多くの場合、腫れや痛みを感じることがあります。痛みの程度は個人差があり、軽い場合もありますが、強い場合もあります。手術部位が腫れたり、内出血が起きたりすることもあります。また、採取部位にも痛みや腫れが生じることがあります。このような症状は、手術後1週間から2週間程度で徐々に軽減していきます。

痛みを抑えるためには、医師が処方した鎮痛剤を適切に服用することが重要です。また、手術後は激しい運動や刺激が強い食べ物を避け、十分な休息を取ることが必要です。

歯茎を移植する方法では、どのような痛みがありますか?

歯茎を移植する方法は、患者さんの歯茎が不十分な場合に行われる治療方法です。手術中には、局所麻酔が行われますが、手術後には腫れや痛みが生じることがあります。治療後の数日間は、傷口周辺の腫れや痛みが生じることが一般的で、痛みの程度は個人差がありますが、痛み止めを服用することで軽減できます。

また、歯磨きや食事によって傷口に刺激が加わることがありますので、適切なケアを行うことが大切です。傷の表面が治癒するまでの期間は、患者さんの状態によって異なりますが、通常は2週間から1か月程度とされています。傷口周辺の違和感や痛みが続く場合には、歯科医師に相談することが必要です。

骨造成手術では、どのような痛みがありますか?

骨造成手術は、インプラント治療に必要な顎の骨の厚みを補うために行われる手術です。この手術は、サイナスリフト、ソケットリフト、GBRなどの種類があります。

術後の痛みはインプラント手術よりも強く、腫れることもあります。しかし、痛みは個々の患者さんの体質や感じ方によりますので、一概には言えません。手術前に医師と十分に話し合い、不安や疑問を解消することが大切です。また、手術後の痛み管理についても医師から指導を受けることができます1。具体的な痛みの程度や持続時間については、直接医師にご相談ください。

フラップレス手術では、どのような痛みがありますか?

フラップレス手術は、無切開無痛手術と呼ばれることがあります。従来の手術法に比べて痛みが少なく、傷跡が残らないメリットがありますが、完全に無痛というわけではありません。手術部位によっては、麻酔注射をするための針を刺す時に痛みを感じることがあります。

手術後の痛みに関しては、軽い痛みや違和感が数日程度続くことがありますが、鎮痛剤を処方することで症状を軽減できます。ただし、個人差があるため、痛みや不快感が長く続く場合は、早めに医師に相談することが重要です。

デンタルインプラント手術後の痛み

手術後の痛み・腫れはいつまで続きますか?

デンタルインプラントの手術後、腫れや痛みが生じる場合があります。手術後の痛みや腫れの程度は、患者さんの状態や手術方法によって異なりますが、一般的には手術後1〜2日間がピークで、その後徐々に軽減されていきます。

痛みや腫れの緩和には、痛み止めや抗生物質などの薬が処方されることがあります。手術後は、医師から指示された通りに処方された薬や、手術後の注意点を守り、適切なケアを行うことが重要です。痛みや腫れが長引く場合や、異常な出血がある場合は、すぐに歯科医師に相談するようにしましょう。

手術後の感染症リスクはありますか?

手術後の感染症リスクは、どの種類の手術にも存在します。デンタルインプラント手術も例外ではありません。手術中に多量の細菌が傷に入り込んでしまった場合や、手術後の衛生管理が不十分だった場合、感染症が発生するリスクがあります。

感染症が発生すると、手術部位の腫れ、発熱、痛みが発現することがあります。重症化すると、全身に炎症が広がり、高熱が出たり、全身のだるさを感じたりすることもあります。感染症にかかった場合は、迅速な治療が必要となります。

感染症を予防するためには、手術前の衛生管理や手術中の細菌対策が非常に重要です。また、手術後の処置や薬の服用なども適切に行うことが必要です。手術後は、定期的に通院して経過観察を行い、異常があればすぐに治療を受けることが大切です。

デンタルインプラントの手術後の痛みをできる限り抑える方法

飲食物を制限することで痛みは抑えられますか?

デンタルインプラント手術後の痛みを軽減するために、飲食物を制限することがあります。例えば、手術直後は、硬い食べ物や熱い飲み物、アルコール、などを避けることが推奨されます。また、酸味や辛味の強い飲食物も刺激となるため、控えるようにすることが望ましいです。

ただし、過度な制限は栄養不足や体調不良を引き起こすことがあるため、医師や歯科医師に相談することが重要です。また、食事をとる際には、傷口に直接触れないように注意して、柔らかくて消化しやすい食品を選ぶことが望ましいです。手術後の飲食物の制限については、個人差や治療方法によって異なるため、専門家のアドバイスに従うことが最善策です。

入浴を制限することで痛みは抑えられますか?

インプラント手術後の痛みを軽減するためには、一定期間お風呂を制限することが推奨されています。具体的には、熱い湯船に浸かると全身の血行が良くなり、傷口が開いてしまう可能性があるため、手術後1~2日はシャワーだけで済ませ、シャワーも熱いお湯ではなくぬるいお湯で体を洗うことが大切です。

運動を制限することで痛みは抑えられますか?

運動を制限することで、インプラント手術後の痛みが悪化することを防ぐことができる可能性があります。インプラント手術後に特有の運動制限などはありませんが、インプラント手術後は安静に過ごすことが一般的には推奨されます。運動をする場合も、痛みの悪化や出血には注意を払い、悪化するようなことがあれば運動は控えた方が安心です。

編集部まとめ

ここまでデンタルインプラントの痛みについてお伝えしてきました。
デンタルインプラントについてまとめると以下の通りです。

  • 一般的には手術後1〜2日間がピークで、その後徐々に軽減される。
  • 手術中に多量の細菌が傷に入り込んでしまった場合や、手術後の衛生管理が不十分だった場合、感染症が発生するリスクがある。
  • 術後1週間は安静に過ごすことが大切。

本記事が少しでもお役に立てれば幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事の監修歯科医師
遠藤 眞次医師(グランメゾンデンタルクリニック)

遠藤 眞次医師(グランメゾンデンタルクリニック)

長崎大学歯学部を卒業後、東京と群馬の歯科医院で分院長を歴任。臨床のかたわら、歯周治療やインプラント治療についての臨床教育を行う「Dentcation」の代表を務める。他にも、歯科治療のデジタル化に力を入れており、デジタルデンチャーを中心に、歯科審美学会やデジタル歯科学会等で精力的に発表を行っている。

記事をもっと見る
  • この記事の監修医師
  • 他の監修記事
遠藤 眞次医師(グランメゾンデンタルクリニック)

長崎大学歯学部を卒業後、東京と群馬の歯科医院で分院長を歴任。臨床のかたわら、歯周治療やインプラント治療についての臨床教育を行う「Dentcation」の代表を務める。他にも、歯科治療のデジタル化に力を入れており、デジタルデンチャーを中心に、歯科審美学会やデジタル歯科学会等で精力的に発表を行っている。

  1. すべての歯を失った場合のインプラント・総入れ歯の治療費用|治療方法の特徴についても解説

  2. インプラントした前歯は10年後どうなってる?生存率や長持ちさせる方法などを解説

  3. デンタルインプラントの材質とは?基本構造や材質が多様な理由など徹底解説!

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

電話コンシェルジュで地域の名医を紹介します。

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-022-340