インプラント

インプラントは何本まで入れられる?もし全部の歯をインプラントにしたい場合はどうなるの?

インプラント 何本まで

インプラント治療において、多くの人が気になるのが「インプラントは何本まで入れられるのか?」という点です。また、「もし全部の歯をインプラントにしたい場合はどうなるのか?」という疑問もあります。 本記事ではインプラントは何本まで入れられるのかについて以下の点を中心にご紹介します。

  • インプラント治療は何本までできるのか
  • インプラントを入れる本数
  • オールオン4について

インプラントは何本まで入れられるのかについて理解するためにもご参考いただけますと幸いです。 ぜひ最後までお読みください。

インプラント治療は何本までできるのか

インプラント治療は何本までできるのか

インプラント治療は何本までできるのでしょうか?
インプラント治療の本数には一律の制限はありませんが、全ての歯が失われている場合、最大でも口腔全体で20本程度となることが多いです。患者さんの口腔内の状態や全身の健康状態を考慮し、患者さんに合った治療計画を立てる必要があります。
インプラント治療は、患者さんにとって重要な治療であり、歯科医師との相談を通じて、安全性と健康を最優先に考えた治療を受けることをおすすめします。一律の本数の制限はありませんが、歯科医師のアドバイスに従い、無理のない治療計画を組むようにしましょう。
インプラントを複数入れる場合何度も手術をするのですか?
インプラント治療を複数本受ける場合、手術回数が複数回必要になる場合があります。
ただし、インプラント治療には患者さんの歯や顎の状態に応じた適切なプランニングが必要です。プランニングに基づいて手術が行われるため、自身の状態を歯科医師とよく相談することをおすすめします。

インプラントを入れられる本数

インプラントを入れられる本数

インプラントを何本入れるかはどのように決まるのですか?
インプラントの本数は、患者さんの歯や顎の状態、全身の健康状態などを総合的に考慮して、以下のような要素に基づいて決まります。骨質(骨密度):十分な骨質(骨密度)があるかどうかは、インプラントの数を決定する重要な要素です。骨質(骨密度)が不十分な場合には、インプラントを入れることが難しい場合があります。
歯周病の有無:歯周病がある場合には、インプラントの成功率が低くなる可能性があります。歯周病の進行状況や治療の結果によって、インプラントの数が変更されることがあります。
全身の健康状態:全身の健康状態もインプラントの数に影響を与えることがあります。例えば、免疫力の低下や骨代謝の異常がある場合には、インプラントの数や治療計画が変更されることがあります。

また、患者さんの希望や予算にも配慮しながら、歯科医師はインプラントの数を決定します。最終的なインプラントの数は、歯科医師との相談によって決まります。インプラント治療は個人に合わせてカスタマイズされた治療が必要であり、歯科医師との十分な相談をおすすめします。

3本連続して歯を失った場合、何本のインプラントを入れますか?
3本連続して歯が欠損している場合、治療方法は患者さんの口腔内の状態によります。一般的には、2本のインプラントを埋め込み、それらを基にブリッジを作成する方法が選択されます。これにより、自然な見た目と機能を回復することが可能です。しかし、口腔内の状態や患者さんの希望によっては、欠損した歯の数と同じ数のインプラントを埋め込むこともあります。
どの治療方法が適切かは、患者さんの口腔内の状態によるので、治療を受ける前には必ず歯科医師と相談しましょう。
全部の歯をインプラントにするのは困難ですか?
全ての歯をインプラントにすることは以下の点から一般的に困難です。骨の状態の影響:十分な骨の厚みや高さがない場合、インプラントを埋め込めないため、骨移植や顎の形成手術が必要になることがあります。
歯科医師の技術と経験の重要性:全ての歯をインプラントにする場合は歯科医師の高度な技術と経験が必要となります。歯の位置関係や咬合の調整など、細かな調整が必要な場合もあります。
経済的な負担:全ての歯をインプラントにする場合は高額な費用がかかることがあり、経済的な負担が大きいという点も考慮しなければなりません。

以上のように、全ての歯をインプラントにすることは一般的に困難であり、患者さんの状態や希望に合わせて治療法を選択することが大切です。

オールオン4について

オールオン4について

オールオン4とはなんですか?
オールオン4は、歯科治療の一つであり、インプラントを使用して全上顎あるいは全下顎の歯を再建する方法の一例です。この治療方法は、4本のインプラントを使用し、固定型のブリッジを装着することにより、歯を再建する方法です。
オールオン4は、歯科医師の専門的な知識と技術に基づいて行われる医療行為であり、適切な診断や治療計画、手術などが必要です。
オールオン4の費用について教えてください
費用についての情報に関しては、患者さんの口腔内の状況や治療プランにより異なりますので、正確な費用については医師に相談してください。
一般的に、インプラントの本数が増えると治療費用も増加する傾向がありますが、具体的な費用については、医師に相談し、詳細な費用について確認するようおすすめします。
オールオン4のメリットはなんですか?
オールオン4のメリットは以下の通りです。治療期間が短い:オールオン4の場合、上顎と下顎の治療にかかる時間は、どちらも変わりません。また、治療した日に仮歯を付けられます。
身体への負担を軽減できる:オールオン4は、最小で4本のインプラント体に対して片顎全体の義歯を取り付けることで、体への負担が少なく、体への影響は極力少なくなるよう配慮されています。

以上のようなメリットがありますが、具体的な治療計画については、担当の歯科医師とよく相談をし、納得してから治療を開始することをお勧めします。

オールオン4のデメリットはありますか?
オールオン4は、多くの歯を失ってしまった方におすすめなインプラント治療法の一つです。しかし、以下のようなデメリットも存在します。手術が必要となる:オールオン4には外科手術が必要になります。循環器疾患や血液疾患をお持ちの方がオールオン4の手術をした場合、出血が増加する可能性があります。また、糖尿病や免疫疾患がある場合には、傷口の治りが遅くなることがあります。
残りの歯の抜歯が必要:オールオン4は全ての歯を上部構造に健康的な自然歯が存在していても、治療法の過程で抜歯が必要となる場合があります。
治療可能な歯科医院が限られる:オールオン4は全てのこれは一般的な歯科医院で行われる治療ではありません。オールオン4に対応している歯科医院を探す必要があります。
定期的なメンテナンスが必要:オールオン4は一度インプラントを埋入したら終わりではありません。定期的なメンテナンスが必要となります。
健康保険適用外になる:オールオン4は保険適用外の治療であり、全額自己負担となります。そのため、治療費は高額になります。

これらのデメリットを理解し、治療に先立って、歯科医師と話し合うことを忘れないようにしましょう。

編集部まとめ

編集部まとめ

ここまでインプラントは何本まで入れられるのかについてお伝えしてきました。インプラントは何本まで入れられるのかの要点をまとめると以下の通りです。

  • インプラント治療の本数には一律の制限はない。しかし、全ての歯が失われている場合、最大でも口腔全体で20本程度となることが多い。
  • インプラントを何本入れるかは、「骨質」「歯周病の有無」「全身の健康状態」によって異なる。
  • オールオン4は、歯科治療の一つであり、インプラントを使用して全上顎あるいは全下顎の歯を再建する方法の一例。

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事の監修歯科医師
遠藤 眞次医師(グランメゾンデンタルクリニック)

遠藤 眞次医師(グランメゾンデンタルクリニック)

長崎大学歯学部を卒業後、東京と群馬の歯科医院で分院長を歴任。臨床のかたわら、歯周治療やインプラント治療についての臨床教育を行う「Dentcation」の代表を務める。他にも、歯科治療のデジタル化に力を入れており、デジタルデンチャーを中心に、歯科審美学会やデジタル歯科学会等で精力的に発表を行っている。

記事をもっと見る
  • この記事の監修医師
  • 他の監修記事
遠藤 眞次医師(グランメゾンデンタルクリニック)

長崎大学歯学部を卒業後、東京と群馬の歯科医院で分院長を歴任。臨床のかたわら、歯周治療やインプラント治療についての臨床教育を行う「Dentcation」の代表を務める。他にも、歯科治療のデジタル化に力を入れており、デジタルデンチャーを中心に、歯科審美学会やデジタル歯科学会等で精力的に発表を行っている。

  1. 差し歯で前歯は治療できる?治療できないケースや他の治療方法も解説!

  2. 差し歯の寿命は意外と短い?知っておくべきポイントや寿命を延ばす方法をまとめました

  3. 差し歯の費用は高いって本当?種類や治療費をわかりやすく解説

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

電話コンシェルジュで地域の名医を紹介します。

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-022-340