インプラント

インプラントで歯並びは治る?歯科矯正とどちらが先かについても解説

歯並び インプラント

インプラントで歯並びは治るのでしょうか。歯科矯正は、歯を少しずつ動かし歯並びを整えますが歯がない状態だと行えません。

インプラント治療は、むし歯などで失った歯の位置に人工の歯根を埋め込み、その上に被せ物を取り付けることで新しく歯を蘇らせる手法です。

また、歯科矯正は歯並びが悪い人の治療のために、専用の器具を装着して少しずつ歯を移動させることで理想の歯並びにする治療方法です。

個人の歯の生え方や歯並びに合わせて調整しますので、熟練の技術と経験が必要となります。同じようにインプラントも実績と経験値が必要となる治療方法です。

しっかり固定された人工のインプラントがある状態で「矯正治療可能なのか」「どのような治療方法があるのか」について、詳しく解説します。

インプラントで歯並びは治る?

インプラントで歯並びは治る?

インプラントで歯並びは治せるのでしょうか。インプラントと歯並びの関係性について、下記に記載します。

  • インプラント治療で歯並びは治せない
  • インプラントは失った歯を補う治療
  • 歯並びを治すためには歯科矯正を行うことが必要

上記の内容について、ここでは詳しく解説します。

インプラント治療で歯並びは治せない

歯並びに不安のある方が、インプラント治療を受けるときに「一緒に矯正をしたい」と希望する場合がありますが、基本的にインプラント治療で歯の矯正はできません

インプラント治療とは、事故やむし歯などで歯を失った方が人工の歯根を顎の骨に埋め込む手術を指します。

インプラント治療は、あくまで失った歯を自然の歯と同じように復活させることが目的です。しかし、歯科矯正は歯並びを治すことが目的となっています。

そもそもの目的が違うため、インプラント治療で歯並びは治せません。インプラント治療と矯正歯科を組み合わせることで、歯並びの治療が可能になります。

インプラント治療と歯科矯正の両方を行いたい場合は、インプラントを入れる前に歯科矯正の相談をして、治療の手順などを詳しく設定しましょう。

インプラントは失った歯を補う治療

インプラントは歯を補う

インプラント治療は、歯の欠損に対して人体に適合する材料で人工的に作られた「人工歯根」を埋め込む手術を指します。

なんらかの事情で失ってしまった歯を補う治療方法としては、ブリッジや入れ歯が一般的でした。しかし、近年ではインプラント治療を希望する方が増えています。

インプラント治療は、人工歯根(インプラント)を植立するため、残っている健康な歯に負担がかかりません。

加えて、自然の歯と同じような噛み心地を感じられる点も人気に繋がっているでしょう。

また、インプラント治療は保険適応外です。費用の相場は1本で30~50万円(税込)ほどです。参考にしてみてください。

歯並びを治すためには歯科矯正を行うことが必要

歯並びを治すためには、歯の矯正を専門とした歯科矯正を行う必要があります。歯科矯正治療は、悪い歯並びやかみ合わせを治して、歯並びをきれいにする治療です。

専用の矯正器具を歯に装着することで、歯や顎の骨に力をかけて少しずつ動かしていき、かみ合わせを治します。治療期間は長期間になるでしょう。

歯科矯正治療は、非常に専門性の高い医療のため歯科医師の技術や経験値が求められます。また、精密な検査が必要なため、新しい設備が整った歯科医院での治療が必要です。

インプラントと歯科矯正はどちらが先?

インプラントと歯科矯正はどちらが先?

歯科矯正治療とインプラント治療の両方を希望している場合は、どちらを先にやるか治療の順番を知っておく必要があるでしょう。

インプラント治療は、人工歯根を顎の骨に固定させて上に被せ物を作ります。歯は骨に固定されているため動かせません。

そのため、歯科矯正を先に実施する方法が良いでしょう。

歯科矯正は、矯正器具で歯のバランスを見ながら徐々に動かしていき、歯を理想の位置にする治療です。

その結果、既存の歯が適正な位置に配置されているためインプラントを埋め込む本数を最小限に抑えられます。そのため、最終的な費用を安く抑えられるでしょう。

また、歯列矯正を先に行うことで全体の噛み合わせや歯のバランスを先に決められるため、不具合が起きにくくなります。

ただし、症状によっては例外があるため、治療の際は歯科医院に相談するといいでしょう。

歯並びが悪い状態でインプラント治療を行っても大丈夫?

インプラント 女性

歯並びが悪い状態でインプラント治療を行うことは、おすすめできません。

歯科矯正をしていない状態でインプラント治療を行うと、かみ合わせに影響を及ぼす可能性があるためです。

実際に、歯並びが整っていない状態でインプラント治療を行うと、インプラントの配置が複雑になります。

適正な位置にインプラントを埋められない可能性があるため、歯並びに影響を及ぼすでしょう。また、インプラントは顎骨に直接埋め込むため、歯科矯正で歯を動かせません。

このように歯科矯正の前にインプラント治療を行うと、歯科矯正がうまくいかなくなります。

インプラント治療と歯科矯正を両方行う場合は通常の歯科矯正の治療に加えて、慎重な計画と専門的な知識が必要です。

すでにインプラント治療済みの場合には歯科矯正できないの?

インプラント治療済み 歯列矯正

すでにインプラント治療済みの場合でも、基本的に歯科矯正は可能です。

ただし、歯の状態によって条件や制約が発生するため、事前検査の結果に合わせて歯科医師の指示にしたがって下さい。

歯科矯正は、ブラケット矯正・マウスピース型矯正の2パターンがあります。

どちらの器具でも対応可能ですが、インプラントの本数が多い場合など調整できない場合があります

インプラントは歯を動かす役割の歯根膜がないため、一度固定すると動かせなくなり、口内の特定の歯を動かせない状況になるでしょう。

インプラントの数が多いほど動かせない歯が増えてしまうため、状況に応じて歯科矯正ができない場合があります。

インプラントのメリット

インプラント メリット

インプラント治療のメリットは、下記のような内容になります。

  • 天然歯のように噛める
  • しっかり噛めることで食べ物の消化吸収がよくなる
  • 骨がやせるのを防げる
  • 審美性が高い
  • 寿命が長い

それぞれのメリットについて、詳しく解説していきましょう。

天然歯のように噛める

インプラント治療を行うと、天然歯のように噛める点がメリットです。

インプラント治療は人工歯根を顎の骨に直接固定させるため、本物の歯と同じような感覚を得られます

一方で、入れ歯は歯ぐきの上に乗る治療法なので、顎の骨に力が伝わりづらいです。そのため、噛むときに違和感をおぼえる可能性があるでしょう。

しっかり噛めることで食べ物の消化吸収がよくなる

インプラント治療を行うと、しっかり噛めるようになるため食べ物の消化吸収がよくなります。

インプラントは顎骨に直接埋め込まれており、取り外しの必要がなく、自身の歯と同じように噛めるためです。

現に咀嚼がしっかりとできると、食事も快適になるでしょう。

また、しっかり噛むことで胃や大腸への負担を軽減し、食事後の消化吸収を助ける効果が期待できます。

毎日の食事は、人にとって非常に重要な行為です。きちんと栄養を吸収することで健康にも役立ち、食事を美味しく感じることでストレスもなくなります。

骨が痩せるのを防げる

歯が痩せるのを防ぐ

インプラントは、骨に人工歯根を直接埋め込むため、刺激を受けなくなっていた骨が痩せてしまう現象を防げます

歯根がない部分の顎骨は、直接の刺激を受けないため、次第に痩せてしまうことが特徴です。

入れ歯は顎の骨に噛む力が直接加わらないため、歯を支える必要がなくなった骨が痩せてしまいます。

審美性が高い

インプラント治療は、審美性が高いといえます。限りなく天然歯に近い義歯を装着できる点と、隣接する歯との歯列も考えられるためです。

天然歯は、人によって色やツヤが異なります。そのため、ただ真っ白の人工歯を入れても、その部分だけ目立ってしまうでしょう。

しかし、インプラントは自身の歯に近い状態の上部構造を作成できるため、一緒に並んでいても気付かれにくいです。

また、隣接する歯との歯列を調整しながら埋められるため、自然と歯並びも整うでしょう。

寿命が長い

インプラント治療の10年生存率は90%以上といわれており、入れ歯やブリッジよりも長く使えると考えられます。

入れ歯の10年生存率は50%程度、ブリッジの10年生存率は90%程度といわれています。

ただし、寿命が長いといってもセルフケアを怠ってしまうと通常よりも早く使用できなくなるため、毎日のケアをしっかりと行いましょう。

また、インプラントを長く使用するためには、定期的なメンテナンス・セルフケアが重要です。

さらに、歯ぎしりや噛み締めを軽減して歯への負担を少しでも無くすように心がけて下さい。

歯科矯正のメリット

歯列矯正 メリット

歯科矯正のメリットは、次の5つです。

  • かみ合わせがよくなる
  • むし歯や歯周病のリスクが減る
  • 発音がよくなるケースもある
  • しっかり噛めるようになる
  • 笑顔に自信がもてるようになる

それぞれのメリットについて、詳しく解説します。

噛み合わせがよくなる

歯科矯正をすることで、噛み合わせがよくなります

歯並びが悪く、正しく噛み合っていないことを不正咬合といい、むし歯や歯周病とは異なり予防ができません。歯科矯正を行い、適切な歯並びに戻してあげることが大切です。

また食事の面では、正しい咀嚼と胃や腸への働きを助けるでしょう。

むし歯や歯周病のリスクが減る

歯科矯正によって歯列がよくなると、むし歯や歯周病のリスクが軽減されます。歯並びが悪いと食べかすが溜まりやすく歯石やプラークが歯に堆積しやすくなるためです。

歯科矯正によって、歯と歯の間に余計な隙間が無くなるため、食べかすや汚れも残りにくくなります。

また、歯並びが悪いと歯磨きが十分にできず、むし歯や歯周病のリスクが高くなるでしょう。

さらに、口腔環境が悪くなると、他の病気を併発する恐れがあるため注意が必要です。

発音がよくなるケースもある

歯科矯正により、発音がよくなるケースがあります

歯並びの悪さにより上下の歯列間に異常な空間ができると、発音に異常をもたらす可能性があります。歯並びを治すことで、滑舌の異常を正常に戻し、発音が改善されるでしょう。

主な発音障害として、サ行が発音しにくい傾向があるほか、タ行やラ行が聞き取りにくい場合があります。

話すことにコンプレックスを感じるため、歯列を治し発音障害を解消しましょう。

しっかり噛めるようになる

噛みやすい

歯科矯正を行うことで、しっかり噛めるようになります。かみ合わせを矯正すると食べ物を効率よく咀嚼することが可能になるためです。

歯科矯正によって咀嚼が正常に行われることで、細かく噛み砕かれた植物は胃や消化器への負担を軽減させるため、必要な栄養素の吸収が効率よく進みます。

咀嚼運動は唾液の分泌を促進する効果もあり、口腔内の乾燥防止が可能です。しっかり噛むことは、全身の健康維持に役立つでしょう。

笑顔に自信がもてるようになる

歯科矯正を行い、きれいな歯列になると、笑顔に自信がもてるようになります。歯並びを気にして歯を見せて笑うことができなかった人に自信を与えてくれるでしょう。

人は他人の外見を見るとき、正面からみる場合は視線を目元と口元に多く集中させています。

自然に口元を開けて笑顔になるためには、歯並びは非常に重要です。そのような意味でも歯科矯正で歯列を整えることは大切になります。

このように歯科矯正によってスマイルラインが形成されると、笑顔にも自信を持てるようになるでしょう。

まとめ

まとめ

インプラント治療で歯並びは治せません。しかし、インプラント治療に加えて、歯科矯正を行うと歯並びもきれいに整うでしょう。

インプラント治療と歯科矯正を両方行うときは、歯科矯正から行う必要があります。インプラントは顎骨に直接埋め込むため、治療後に動かせません。

歯科矯正によって自身の歯を整えてから、足りない部分をインプラントで補う方法が一般的です。ただし、口内の状態によって治療方法が異なるため、事前に歯科医師との相談が大切です。

人は他人の外見を見るときに、目元・口元を集中的に見ているといわれています。インプラント治療と歯科矯正によって歯並びを整え、自信に満ち溢れた笑顔を手に入れましょう。

参考文献

この記事の監修歯科医師
遠藤 眞次医師(グランメゾンデンタルクリニック)

遠藤 眞次医師(グランメゾンデンタルクリニック)

長崎大学歯学部を卒業後、東京と群馬の歯科医院で分院長を歴任。臨床のかたわら、歯周治療やインプラント治療についての臨床教育を行う「Dentcation」の代表を務める。他にも、歯科治療のデジタル化に力を入れており、デジタルデンチャーを中心に、歯科審美学会やデジタル歯科学会等で精力的に発表を行っている。

記事をもっと見る
  • この記事の監修医師
  • 他の監修記事
遠藤 眞次医師(グランメゾンデンタルクリニック)

長崎大学歯学部を卒業後、東京と群馬の歯科医院で分院長を歴任。臨床のかたわら、歯周治療やインプラント治療についての臨床教育を行う「Dentcation」の代表を務める。他にも、歯科治療のデジタル化に力を入れており、デジタルデンチャーを中心に、歯科審美学会やデジタル歯科学会等で精力的に発表を行っている。

  1. 差し歯で前歯は治療できる?治療できないケースや他の治療方法も解説!

  2. 差し歯の寿命は意外と短い?知っておくべきポイントや寿命を延ばす方法をまとめました

  3. 差し歯の費用は高いって本当?種類や治療費をわかりやすく解説

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

電話コンシェルジュで地域の名医を紹介します。

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-022-340