インプラント

歯科インプラントとは?特徴やメリット・デメリットや費用などについて徹底解説!

インプラント

歯科インプラントについてご存じですか?本記事では、歯科インプラントとは?特徴やメリット・デメリットや費用について以下の点を中心に紹介します。

  • 歯科インプラントとは
  • 歯科インプラントの治療
  • 歯科インプラントの費用

歯科インプラントについて知るためにぜひ最後までお読みください。

歯科インプラントについて

歯科インプラントについて

歯科インプラントとは何でしょうか?
歯科インプラントは、歯を失った箇所に人工の歯根を埋め込み、その上に上部構造を取り付ける治療法です。通常、チタン製のインプラントが使用され、手術によって顎の骨にしっかりと固定されます。インプラントは周囲の骨組織と結合し、安定した基盤となるため、自然な噛み合わせを取り戻せます。 歯科インプラントは、一本の歯の欠損から、複数の歯や全体の入れ歯の代替まで、幅広い治療ニーズに対応します。インプラントの特徴は周囲の歯に負担をかけることなく、見た目や機能の面で自然な結果をもたらします。適切なケアと定期的なメンテナンスをすれば、長い持続も期待できます。 ただし歯科インプラントは手術的な治療であり、一部の患者には制約やリスクが存在する場合もあります。個別の状況や歯科医師の判断によって適応が決定されるため、事前に歯科医師との相談が必要です。
歯科インプラントの歴史について教えてください。
歯科インプラントの歴史は古く、紀元前の古代エジプトで既に類似の技術が使用されていたと考えられています。1962年、スウェーデンのオルヴィ・ブランマルク博士が骨とインプラントの結合(オッセオインテグレーション)の概念を提唱し、これが歯科インプラント治療の基盤となりました。1965年にはブランマルク博士が初の商業的な歯科インプラントシステムを開発し、以降、歯科インプラントの研究と開発が進みました。さらに技術の進歩と共に、材料の改良や手術法の発展により、歯科インプラントの成功率と予測性が向上しました。現在では、高度な3D画像やコンピュータ支援設計(CAD/CAM)などの技術も活用されており、より正確な歯科インプラント治療が行われています。
歯科インプラントではどんな治療をしますか?
一般的な治療手順は次の通りです。 まず、患者の口腔状態を評価し、インプラント治療の適応性を判断します。骨量や歯肉の状態、一般的な健康状態などが考慮されます。 次に、麻酔を使用して手術が行われます。歯肉を切開し、骨に穴を開け、インプラントを正確に配置します。一般的には、インプラントを骨に固定するために、数ヶ月の治癒期間が必要です。 治癒期間後、インプラントが骨と結合したことを確認し、人工の歯冠を取り付けるためのアバットメント(接合部)をインプラントに取り付けます。 最後に、歯冠(人工の歯)をアバットメントに固定します。歯冠は患者の咬合や見た目の希望に合わせて作成されています。 インプラント治療は個人の状態によって異なりますが、多くの場合、手術前後に複数の診察とレントゲン検査が行われます。治療期間は数ヶ月から半年以上にわたることもあります。 歯科インプラントは、欠損した歯を不自然にならないよう再生する優れた治療法です。しかし、手術の適応性や成功率は個人の状態により異なりますので、歯科医師との相談が重要です。
歯科インプラントのメリットは何ですか?
まず、インプラントは人工の歯根を使用するため、自然な咬合感と見た目を保てます。インプラントには咀嚼機能の回復も期待できます。 また、インプラントは周囲の健康な歯を削る必要がなく、隣接する歯に負担をかけることもありません。これにより、他の歯に悪影響を与えず、口腔の健康を保ちます。 さらに、インプラントは適切なケアと定期的なメンテナンスをする限り長くもちます。 インプラントは自然な見た目のため、会話をする際も自然な口元になります。
歯科インプラントのデメリットは何ですか?
インプラント手術は外科的な手順を伴うため、手術後の痛みや腫れが生じる可能性があります。また、手術の成功率には個人差があり、インプラントが正しく結合しない場合や感染が起こる場合もあります。さらに、インプラント治療は時間と費用がかかることもデメリットとして挙げられます。加えて一部の患者にとっては、骨密度や歯周状態の問題によりインプラントが適さない場合もあります。

歯科インプラントの費用

歯科インプラントの費用

歯科インプラントの費用は高いですか?
歯科インプラントの費用は一般的に高くなります。インプラント治療は、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、上部構造を取り付ける手術的な治療法です。手術の複雑さや使用する素材、歯科医院の地域などによって費用が異なります。 一本のインプラント治療の費用は、通常数十万円から数百万円になることがあります。この費用には、手術の準備や埋入手術、上部構造の製作などが含まれます。また、追加的な処置や骨移植が必要な場合は、費用がさらに高くなることがあります。 インプラント治療は高額な費用がかかる一方で、その耐久性や自然な見た目、咬む力の回復など、多くの利点もあります。保険の適用範囲や歯科医院による割引制度など、費用負担を軽減する方法もありますので、治療の相談や見積もりを受けることが重要です。個々の状況に合わせて、費用と効果を考慮し、歯科インプラント治療を検討することが大切です。
歯科インプラントは保険適用されますか?
歯科インプラントは一般的に保険の適用外とされています。歯科インプラントは、歯を失った箇所に人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付ける治療法です。しかし、保険は一般的に自然歯の治療に対して提供されるため、インプラント治療は自費診療となります。 ただし、一部の例外的なケースでは保険の適用が認められる場合もあります。例えば、事故や疾患による歯の喪失や形成異常、先天的な欠損など、特別な状況下でのインプラント治療に関しては、医師との相談によって保険の適用範囲が検討されることがあります。

インプラント治療を受ける際の歯科医院選び

インプラント治療を受ける際の歯科医院選び

歯科インプラントをする際の医院の選び方を教えてください。
歯科インプラントをする際に医院を選ぶ際のポイントは以下の通りです。 まず、医院の経験と専門知識が重要です。インプラント手術は高度な技術と知識を要しますので、豊富な経験を持つ歯科医院を選びましょう。次に、医院の評判や口コミを確認しましょう。 患者の声や評価は医院の信頼性を示す重要な指標です。また、設備や技術も重要な要素で、医師との相性も大切です。 治療には時間がかかることがありますので、医師との信頼関係が大切です。最後に、費用面も考慮しましょう。インプラントは高額ですので、費用や保険の適用範囲を確認しておきましょう。これらのポイントを踏まえて、自身に合った経験豊富な医院を選びましょう。

編集部まとめ

編集部まとめ

歯科インプラントについて紹介してきました。

  • 歯科インプラントは、歯を失った箇所に人工の歯根を埋め込み、その上に上部構造を取り付ける治療法のこと
  • インプラントの治療は、「診察」「手術」「人工の歯を固定」の手順で行われる
  • インプラント治療は高額な費用がかかる一方で、その耐久性や自然な見た目、咬む力の回復など、多くのメリットがある

これらの情報が歯科インプラントについて知りたい方の参考になれば幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事の監修歯科医師
遠藤 眞次医師(グランメゾンデンタルクリニック)

遠藤 眞次医師(グランメゾンデンタルクリニック)

長崎大学歯学部を卒業後、東京と群馬の歯科医院で分院長を歴任。臨床のかたわら、歯周治療やインプラント治療についての臨床教育を行う「Dentcation」の代表を務める。他にも、歯科治療のデジタル化に力を入れており、デジタルデンチャーを中心に、歯科審美学会やデジタル歯科学会等で精力的に発表を行っている。

記事をもっと見る
  • この記事の監修医師
  • 他の監修記事
遠藤 眞次医師(グランメゾンデンタルクリニック)

長崎大学歯学部を卒業後、東京と群馬の歯科医院で分院長を歴任。臨床のかたわら、歯周治療やインプラント治療についての臨床教育を行う「Dentcation」の代表を務める。他にも、歯科治療のデジタル化に力を入れており、デジタルデンチャーを中心に、歯科審美学会やデジタル歯科学会等で精力的に発表を行っている。

  1. すべての歯を失った場合のインプラント・総入れ歯の治療費用|治療方法の特徴についても解説

  2. インプラントした前歯は10年後どうなってる?生存率や長持ちさせる方法などを解説

  3. デンタルインプラントの材質とは?基本構造や材質が多様な理由など徹底解説!

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

電話コンシェルジュで地域の名医を紹介します。

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-022-340